花・旅・人

karyonin.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

実りの秋に(2017.09.06 WED.)


気温25℃以上の秋晴れの日が続いています。

夏の終わり秋風が吹き始める頃、疲れからか脱力感が襲います。
そんな時は夏バテの常備薬にしている「紫蘇ジュース」を飲みます。

今年はレシピを少し変えて、紫蘇の葉たっぷり水を加えず酢と少々の蜂蜜で穏やかな飲み物になりました。 
ひんやりした「紫蘇ジュース」が弛緩した体を通過しながら無理なく吸収されてゆくようで、身体が少しづつ蘇っていくのが分かります。う~、効く~!

旭川を手漕ぎのボートが下って行きます。毎年の催しですが、川面を吹き抜ける風が気持ちよさそうです。↓

b0226219_09140041.jpg

b0226219_09275328.jpg骨董市のテントの中に吊るされていた酒蔵の印半纏。


少しシミのようなものが見受けられましたが、まだ洗濯した様子もなく着丈も充分ある半纏です。
糊がきいていて新品に見えました。

「どんな経緯があってここにあるのだろう?」「誰が買い求めてゆくのだろうか?」「それとも売れ残って、そのまましまわれてしまうのかしら?」‥‥。放って置かれず「いつか何かの役に立つかもしれない‥‥」と漠然と考えながら、購入し持ち帰ることに決めたのでした。
 


今年創業100周年を迎える酒蔵さんから、お祝いの会へのお誘いをいただきました。
百年の歴史に加え、新たな一歩を刻まれる晴れの日には盛大な行事「 9・9 天の戸 百年祭 」を催されるとのことです。
「 9・9 天の戸 百年祭 」には当店からは社長(夫)が、翌日の稲見会には社員(娘)がお邪魔する予定です。

酒蔵見学で天の戸さんを訪ねるようになってからもう何十年も経ちました。
この間、色々お世話になりました。
一度訪ねたら、また行きたくなってしまう、そんなファンの多いお蔵です。
「お誘いがなくても押しかけたい」と思うファンは沢山おられることと思います。私もその一人です。
ですが、折しも秋田市内では「ねんりんピック」が開催され街中の人口が増えそうです。休業するわけにもいかず私は留守番です。
そこで、昨年増田町の骨董市で見つけた酒蔵さん所縁のこの印半纏を、僭越ながら送らせていただきました。
というか‥‥、この機会に本来あるべき場所に戻されるのがいいかな? と思ってのことです。
ホッとしています。

b0226219_09135053.jpg<酒蔵の半径5キロ(内)の酒米つくり>=テロワールが、お蔵の自慢するところでもあります。
お蔵で人気の「亀の尾」のお酒は、この芒が立派な稲穂=酒米から醸されるのですネ。



天の戸(浅舞酒造)さん、創業100周年おめでとうございます!!
実りの秋におめでたい「 9・9 天の戸 百年祭 」、ご盛会をお祈りしております。




# by hanatabi-haruko | 2017-09-06 09:30 | 雑事

秋風が立つ寒風山(2017.09.04 MON.)


秋らしさを求めて、近場の男鹿半島寒風山まで車で出かけてみました。(運転はいつも通り夫です)

b0226219_09165841.jpg
↑ 途中秋田港に近づきますと‥‥お〜、大型客船が寄港しているではありませんか!

b0226219_09171176.jpg
「ダイヤモンドプリンセス号」と書かれています。大勢の乗船客が降りてきて、バスに乗り換え(二階建てバスもありました)秋田市中心部方向に移動してゆきます。外国からお出でのお客さんもおられるようです。

9月に入って、ねんりんピックやら、千秋花火やら、川反通りのサンバカーニバルやら、行事や催し物が次々にありますが、まさかこんな大型船までが秋田港に接岸しているとは!今週、来週あたりまで忙しくなりそうです。
そうであればこそ、気分転換骨休めを今のうちにしておきましょう。

b0226219_09171509.jpg
↑ 寒風山へ登って行く途中の棚田、黄金色に色づくまでもう少し秋の日差しが必要なようです。

b0226219_09172712.jpg
↑ 寒風山展望台までの坂道を、秋の花を探しながら歩いて往復してみました。

b0226219_09175894.jpg萩が今盛りです。

 
b0226219_09182210.jpg釣鐘人参

 
b0226219_09175477.jpg

b0226219_09180589.jpg↑ 河原撫子に

← フジバカマかな?




↓女郎花(おみなえし)も素敵です。

 
b0226219_16072380.jpg

ススキも入れて、秋の七草を五つ寒風山に見つけることができました。
そのほかにもはっきり名前のわからない花たちが、強風に身を潜めていました。

b0226219_10134717.jpg

b0226219_10135384.jpg


b0226219_10132170.jpg

b0226219_10133285.jpg
 

b0226219_10114427.jpg

b0226219_09174903.jpg


b0226219_09182748.jpg
ススキの穂が出揃った寒風山は文字通り「寒風」の丘、秋の風が寒いくらいでした。
アレヨアレヨという間に、秋が深まってゆくのです。

# by hanatabi-haruko | 2017-09-04 09:43 |

秋の気配が‥‥(2017.08.28 MON.)


秋田県に大雨が降って洪水による被害がでてしまったのが、一月ほど前でした。

b0226219_13065935.jpg旭川も増水してハラハラいたしました。

その後順調に水が引き、川底が見える旭川にダイサギが訪れました。

 

b0226219_13065563.jpg
一ヶ月後24日の夜中に再び大雨が降り、またまた冠水した田んぼがあるそうで、本当にお気の毒です。

8月26日の「大曲 花火大会」直前でしたので、雄物川河川敷に用意さた花火用の設備が完全に冠水し、一時開催が危ぶまれました。が、開催当日朝6時に決行するとの判断が発表され、皆ホットいたしました。


b0226219_13065065.jpg秋田舞妓さんたちもお誘いを受けたとか? お酒を選んでゆかれました。
ご酒をいただきながらの花火見物はさぞかし楽しかろうと思います。


 

花火大会が無事終わった日曜日も快晴、秋田駅周辺は人出で賑わっていました。
大会関係者の一昼夜をかけての復旧作業、何事もなかったように花火を打ち上げられた花火業者のご努力に、拍手を送りたい気持ちです。

b0226219_13064603.jpg

↑ その夕方のクレッセントは、格別でした!
多分、余裕を持って心穏やかに眺めることができたからでしょう。


8月の大きな行事が終わって、気がつけば風が涼しくなっておりました。
昨夜の最低気温は20℃を切ったようで、夜中に上掛けをかけ直してしまいました。(あれは夢の中だったかな?)
もう秋ですね~



# by hanatabi-haruko | 2017-08-28 13:12 | 雑事

ニッカウヰスキー 宮城峡蒸留所(2017.08.23 WED.)


b0226219_13130607.jpg翌日21日朝も小雨が降っていました。

雨の中を歩く若者の服装は長袖、夏とは思えない格好です。


こんな日がもう30日も続いているなんて‥‥、竿燈まつりお盆と晴天に見舞われ、暑さにうんざりした秋田人にとっては、想像以上の自然災害に思えて来ました。この日の最高気温予報は24℃、まだだいぶ低いなあ。
今日こそは今日こそはと暑い太陽を切望している宮城県民に同情しながら小雨の中、帰りがてらに寄ってみたいところ<ニッカウヰスキー 宮城峡蒸留所>に向かいます。

b0226219_13130134.jpg山の中、渓谷が近づいてくると雨の粒がさらに多くなって霧が深くなって来ました。

 
b0226219_13125424.jpg
↑ 支流「新川」が「広瀬川」に合流する場所にニッカウヰスキー 宮城峡蒸留所はあります。

b0226219_13124873.jpgb0226219_13124313.jpg案内を申し込んでグループでの見学が始まりました。


b0226219_13123886.jpg数年前、NHKの朝ドラで竹鶴政孝さんがクローズアップされてから見学者が増え、多い日には2000人を超えるとか。ウヰスキーの原酒が足りなくなったという話も聞きました。


b0226219_13123287.jpgご存知、竹鶴さんは日本酒酒蔵の出、ポットスティルにしめ縄の発想はそこからのようです。


b0226219_13090972.jpg見学コースはあくまでも見学者用のコースです。
空だるの置かれた旧貯蔵庫。


北海道余市で始まったニッカウヰスキー の歴史。宮城峡蒸留所は約70年前に創られたそうです。
・自然の樹木をできるだけ残し自然環境にマッチさせる。・電線を地下に埋める。・外装をレンガとする。など政孝氏の理想通りに建設されたそうです。

b0226219_13090572.jpg煉瓦造りの建物にサルスベリのピンクが似合います。
(余市の蒸留所では、ハマナスの大木が素敵でした)


b0226219_13085613.jpg二つの川、奥深い山、多湿の地です。茸があちこちに出ています。


b0226219_13090071.jpg敷地内の池にはここで飼われている白鳥が2羽、鴨と羽を休めていました。


試飲とお土産購入を含め、40分ほどの見学を楽しみました。

b0226219_13084422.jpgお土産はもちろんこれ。宮城峡限定のウヰスキー、ウヰスキー入りのチョコレート。孫娘にはノンアルコールブルーベリーチョコです。


b0226219_13084043.jpg外気温の表示です。昼近いのに‥‥20℃とは!


b0226219_13083654.jpg
↑秋田県に入りますと、雲が切れ気温もどんどん上昇して‥‥、正直ホッといたしました。スミマセン!
そろそろ宮城県の天候も回復してきたでしょうか?神に祈る気持ちです。

b0226219_13083397.jpg22日の秋田は雷と時折激しい雨でした。
夜になって一時雨が止んだので、今夜お泊まりの孫娘の、夏休み最後の行事におつきあいしました。


私たちは「暑い!」だの「寒い!」だのと挨拶がわりに簡単に口にしますが、
夏は夏らしく、太陽が燦々、汗をかくほど暑くあってほしいとつくづく思います。


# by hanatabi-haruko | 2017-08-23 13:33 | | Comments(0)

小雨降り続く仙台へ(2017.08.22 TUE.)


8月遅い夏休み(20日、21日)は、オホーツク海高気圧の湿った空気の南下で、全く夏らしくないという仙台に出かけました。
情報によりますと、毎日のように小雨が降る状態がひと月ほど続いているようで、当然のことながら日照時間も例年よりもかなり少なく、気温は20℃を少し越えた程度、涼しいです。
「やませ」でしょうか。

寒さの夏はオロオロ歩き‥‥宮沢賢治

昔から東北地方太平洋岸で起こることのある夏の心配事でありました。
人為の及ぶところではないことが分かっていても、心配で心配で日に何回も田んぼや畑の様子を見回りに行く。
農民のそんな様子が浮かびます。

夏の20℃がどれほどの寒さかを、私は体感したことがあります。光学機械メーカーに勤めていた頃のことです。
精密機械の部品を測定検査する恒温室が確か一年中20℃でした。夏の外気温との温度差10℃以上。風除室のようなエントランスルームで一枚上着を着込み恒温室に入りますと、(身体的に過酷なこともあって、通常は男性の職場でしたが)女性が膝掛けをして寒そうに測定しているところをみたことがありました。入って数分もしますと寒くなってきて耐えられませんでした。

稲にとっての一枚重ね着は「田んぼにたっぷり水を張ること」と聞きます。でも太陽光の代わりにはならないかも。
過去には冷害で外米輸入の騒ぎがありましたが、今年の農作物の成長が心配です。
今月下旬には日差しが戻るとか‥‥、なんとか挽回してほしいものです。

仙台は東北一の大都市でもありますから、物流や経済の動きが活発で街中には活気があります。
そんな仙台で魅力的な催し二つを観ました。(写真はいずれも購入したポストカードです)

b0226219_14083027.jpg
<ルオーのまなざし 表現への情熱> 宮城県美術館

b0226219_14082791.jpg花蘇芳(はなずおう)の側にいる水浴の女たち

花蘇芳の木‥‥イエスを裏切ったユダが首を括ったのが花蘇芳の木だったとか。


b0226219_14082291.jpgキリストと漁夫たち
イエスの弟子の多くはガリラヤ湖で魚を取っていた漁夫でした。


b0226219_14081850.jpg曲芸師
「サーカス」は「キリスト」とともに初期から一貫したルオーのテーマでした。


今回目立った展示はありませんでしたが、様々な表情をした「ピエロ」は魅力的で好きです。



<空海と高野山の至宝> 仙台市博物館 後期展示

東日本大震災復興祈念 特別展の副題、高野山からの特別出展で充実していました。

b0226219_14081335.jpg弘法大師の聲瞽指帰(ろうこしいき)‥‥国宝→


b0226219_14080959.jpg←八大童子のうちの恵喜童子 運慶作 ‥‥国宝


b0226219_14080519.jpg八大童子のうちの恵光童子 運慶作‥‥国宝→



ちょっとコンビニに買い物に行くのも、夕食のため歩いて一番町に行くにも傘が必要。
仙台は小雨で霞んでおりました。



# by hanatabi-haruko | 2017-08-22 14:19 |