花・旅・人

karyonin.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

白色?それとも赤色?‥‥(2011.05.21 SAT.)

b0226219_15503515.jpg
ナナカマドの白い花が満開です。
白色は純粋のイメージ。白無垢、白いウエディングドレスなど、純血をイメージする結婚衣裳に、白色を選ぶ女性も多いようです。

昨日の続きです‥‥絵画から、何が読み取れるのでしょう?
まずティツィアーノの「聖愛と俗愛」。
どちらが聖愛でどちらが俗愛でしょうか?

b0226219_15513620.jpg
正解は、貞節のイメージの純白のドレスの女性が「俗愛」で、ヌードの女性が「聖愛」です。逆ではありません。

人間は蛇の誘惑に負けて「禁断のりんご」を口にするまでは、楽園で(当たり前のように)全裸で暮らしていたんだそうです。なんの邪心もなく。(ドキッ!)
俗世間と天井世界。「俗愛」はもの鬱げに見えますし「聖愛」はおおらかな表情です。

たっぷり身体に絡ませた緋色の布は、画家たちが好んで描いた、赤色のドレスの聖母マリアを連想させます。

b0226219_15524183.jpg例えば、ラファエロの「草原の聖母」(ウイーン美術史美術館所蔵)
赤色のドレスに濃紺のケープ。戸惑いながらも神の子を宿し、イエスをこの世に誕生させる‥‥強い意志を持つ女性。マリアには白色より赤色が似合います。


「プロセルピナの掠奪」の全体像です。
神話ではこの事件をこう説明します。

b0226219_15581273.jpg冥界の王プルトーは、母である豊穣の女神から娘プロセルピナを掠奪しました。
母は悲しみにくれて、その為、地上に作物が稔らない年が続き、人々は大変困りました。
最高神ユピテルのとりなしで、娘はⅠ年の半分は地上の母のもとで過ごし、残りの半分は夫プルトーのいる地下の冥界で過ごしました。
と。

母が娘を迎える喜びの春には、芽吹き花が咲き秋に実を結ぶ。やがて娘が地下に帰ると樹木は葉を落とし、木枯らしの冬になる。

神話の時代の人々は、大自然の営み季節の成立ちを、こんな風に納得していたんですね。

周辺の土着信仰を吸収しながら、完成したと言われるギリシャ神話です。
ひとりの神がローマ神話の神名とギリシャ神話の呼び名、二つ持っていても不思議ではありません。

因みに、ギリシャ神話風に言えば
プロセルピナはペルセポネ
プルトーはハーデス
ユピテルはゼウス      う~ん!ややこし~い!!


「聖書」や「ギリシャ神話」の深みにはまりながら‥‥少しづつ絵画が読み解けるようになってきました。
今は美術館にゆくのが更に楽しくなりました。
それは嬉しいのですが‥‥お陰で私は、未だにず~っと、もがき続けています。

なにしろ、神話も聖書も奥が深~~くて、これで満足と言うことがありませんから。
                       おわり
# by hanatabi-haruko | 2011-05-21 16:07 |

リサさんが教えてくれたこと(2011.05.20 FRI.)

b0226219_17303128.jpg
見事な真紅のシャクヤクです。
春と初夏の花が咲き競い、散歩が楽しい今日このごろです。

b0226219_17422396.jpg
同じ赤でもこちらは緋色でしょうか。ボルゲーゼ美術館に所蔵されているティツィアーノの「聖愛と俗愛」。
500年も前に描かれた、美しい赤が印象に残っています。


23年程前のことです。
オーストラリアからの交換留学で、近所のお宅に小柄な高校生が、ホームステイしていたことがありました。名前はリサ。
ステイ先が娘の友達の家だったということもあり、我が家にも時々遊びにきてくれ、竿燈祭りにもはっぴ姿で参加したり交流がありました。

そのリサさんと、お茶をしながらの会話の中で‥‥
「オーストラリアは歴史の新しい国だけど、学校で歴史の勉強はどんなふうにするの?やっぱり狩猟時代から始まるの?」

不しつけな私の質問に、リサさんはしばらく考えてから、使える日本語をかき集めて、答えてくれました。
「現代の問題で興味あるものから入っていって、過去に行くという方法で勉強します。」

歴史が新しければ,少しは楽かと想像していたなんて恥ずかしい!
遥か縄文時代から始める歴史がず~っと苦手だった私です。

う~む、そんなピンポイントの方法があったのか!
目から鱗の驚きでした。
長年の苦手意識から抜け出せるかも。
一条の光が射したものの、その後何年もそのことを忘れていました。

そして10年前、イタリアを旅した時、ローマのボルゲーゼ美術館で
心を揺さぶられる美しい彫刻と出会いました。
彫刻家ベルニーニの「プロセルピナの掠奪」です。

b0226219_17331887.jpg
激しく抵抗する女神を我がものにしようと、柔肌に男神プルトーの指が食い込む。群像の素材は固い大理石です。


ベルニーニがこんなにも美しく表現したかったギリシャ神話の一場面とはどんな物語なのだろう?

実は、何回も西洋絵画を観賞するうちに、『ギリシャ神話』『旧約、新約の聖書』を知っていたらもっと楽しいんじゃないかと、うすうす感じ始めてはいました。
けれども、複雑な神話や難解な聖書の扉を開けて覗く勇気がありませんでした。
一旦開けてしまったら、深みにはまってもがき苦しむにちがいありませんから。だから敢えて避けていたのですが。

だけど、やはりこの美しい彫刻をもっと深く知りたい!
こうなったら前に進むしかないかな?
帰りのフライトの間じゅう、覚悟ができずにずっと迷っていました。

そして、リサさんの、目から鱗の答えを思いだしました。
「現代の興味から入って‥‥」
とは言うものの、聖書や神話へ入っていく為の、私の現代的興味とは何なんだろう?
専門分野も得意な分野も持たない「北国のおばさん」には、そこからして既に難しい。

そんな時、県立図書館で見つけた最初の手がかりが、この本「絵画でたどる聖書の中の女性たち」でした。

b0226219_1736941.jpg
キリスト教圏の4人の女性が、聖書に登場する女性たちにスポットを当て、解説、感想、意見を書いている豪華美術本です。(表紙絵はマグダラのマリア)

乱暴な言い方が許されるなら、「聖母マリアもマグダラのマリアも同じ女性」なんですね。


単純明快「女性である」という立脚地からなら、私にも、神話や聖書を辿ることができるかもしれません。

ありがとう!リサさん!!
なんとか入口に立てました。
                        つづく
# by hanatabi-haruko | 2011-05-20 17:47 |

春の恵(2011.05.17 TUE.)

b0226219_1422175.jpg
千秋公園の久保田城表門の前。楓(かえで)が花をつけました。この柔らかな萌葱(もえぎ)色の葉が、秋には鮮やかな真紅の葉っぱになるなんて‥‥神秘ですね。

b0226219_14224951.jpg

足元には、草むらの中に姫踊り子草が、まるで「緑色のチュチュ」を着けた踊り子がポーズをとっているように咲いています。
あ!茎に蟻をみつけました。


b0226219_14232555.jpg

そしてこちらは、本物の「チュチュ」を着たドガの彫刻、「踊り子」です。身長1メートルほどの少女が、踊りの足を休めて床に佇んでいたのには、ちょっと驚きました。(ドレスデンの美術館で)
どちらも愛らしい踊り子です。




友人が山菜を届けてくれました。
山菜採りの習慣のない我が家では、毎年誰かしらが持って来てくださる旬のものを、少しだけ口にできれば、充分満足です。
感謝、感謝です。

b0226219_14244378.jpg左上から時計廻りにわらび、アイコ、コゴミ、ミズ。昨夜のうちに灰汁(あく)抜きをして‥‥上手く仕上がった緑色に満足し、目で楽しみます。
わらびはお浸しで。アイコはお浸しやみそ汁に入れて。コゴミは胡麻味噌和えにして。ミズは軽く叩いてカラシ醤油漬けにしていただきましょう。


春の野山では、ドラマティックな命の再生が始まりました。
そんなエネルギーが、木の目時のもやっとした気分を引締めてくれますし、食卓をこんなにも豊かにしてくれます。
今日は、身体の中に春の香りを思いっきり取り込みましょう。
御馳走さまです!
# by hanatabi-haruko | 2011-05-17 15:01 |

ウィーンの魅力、ヴィレンドルフのヴィーナス(2011.05.16 MON.)

今回の旅で、私がどうしても行って見たかったところは‥‥。

金曜日の自然史博物館は、幼稚園から高校生までと思われる少年少女で賑わっていました。
膨大なコレクションを教材に課外学習する子供達。
b0226219_13253371.jpg
ウィーンの自然史博物館、2階11号室。
「ヴィーナス」の呼び名に戸惑うように、太古の地母神は女性の身体的特徴もあらわに、ほの灯りに照らされてひとり佇んでいました。

b0226219_14131637.jpg身長僅か11センチ程ですが、体躯豊かな女性像です。

メソポタミア文明やギリシャ神話などで、豊穣の女神が物語られるよりも遥か昔、22000~2400年前に彫刻され、オーストリアのヴィレンドルフ近くの遺跡で1908年に発見されたと記されています。

使われている石はオーストリアで産出される物ではなく、出自も用途も謎のままとのことです。


正面からの姿は既に写真で見ていましたが‥‥不思議な魅力を持つこの像を「横からも後からもあらゆる角度から見てみたい」と、ずっと思っていました。

b0226219_1481672.jpg
<横から>
うなだれた頭部、目も口もないのに、何かを憂えているように見えるし、おおきなお腹(妊娠しているかも)を愛おしげに見つめているようにも見える。それに手は豊かな乳房の上に、そっと置かれている。

この初々しいさは、豊穣の儀式に用いられたというよりも、初産の若い女性の為のお守りだったのではないでしょうか。



b0226219_14135180.jpg
<後から>
厚みのある腰からは、原始信仰の女神の力強さが感じられます。

何という表情のある身体つきでしょう!
うっすらと赤色の顔料が残る丸い身体からは、温かい体温が伝わってくるような気さえします。


後世、多くの人の目に晒されることを、造った人間も(造くられた像も)想像しなかっただろうに。でも、だからこそ、こうしてお目にかかれました。
「貴女に会いに来ましたよ!」と、口に出して言ってみると‥‥念願の女性に会えた嬉しさが、静かにこみ上げてきます。
私は時を忘れて、命の無限の広がりに関わる「麗しい太地母神」に、見入りました。

像のある小部屋の前では、引率の先生と中学生たちが、私が見終わるのをじっと待っていてくれました。それに気づいたのに気分が高揚していた私は「ビューティフル!」と、言うのが精一杯。
中年の女先生は「ビューティフル」と冷静に応えてくれました。

b0226219_13314933.jpgハプスブルグ家の女帝マリーテレジア像を真ん中に、こちらが自然史博物館。向こう側が美術史美術館。

それにしても、日常的にこんなに刺激的な展示物に接するチャンスがあるなんて、羨ましいかぎりです。

そして今ほど、『太地母神』に祈らずにはいられない『時』はありません。
# by hanatabi-haruko | 2011-05-16 14:20 |

ウィーンの魅力 、エゴン・シーレ(20011.05.14 SAT.)

ツアーで「音楽を楽しむ旅」をしようとすると、オーストリアの首都ウィーンがコースに入ることが多いです。

音楽の都ウィーン。『ウィーン交響楽団』の活躍の場がここにあり、本拠地『学友協会』がこの地にあるから。
そして『国立オペラ座』や『ブルク劇場』など劇場も集中していて、オペラや音楽会の公演回数が多いからだと思います。

何回かウィーンを訪ねるうちに、自由時間に見つけた、お気に入りの場所もできました。

2002年開館、ホーフブルグの近くにある『レオポルド美術館』は、画家エゴン・シーレの絵画コレクションが充実している小さな美術館です。
いつ訪ねても混んでいることが有りません。シーレの強い個性に違和感を持つ人もいるからでしょうか?
「違和感は未知の魅力だ!」と、許容できる柔軟な思考をお持ちの方には是非お勧めです。

b0226219_1658890.jpg

シーレの好んで描いたチャイナランタンがお出迎え。撮影OKは嬉しいです。

b0226219_17104140.jpg「母と子供達」シリーズは何枚かありますが、ふたりの子供を必死にかき抱くこの「ブラインドマザー」に引きつけられました。。


b0226219_1722770.jpg独特の裸婦像

b0226219_174581.jpg

枯れかかった木とその向こうの夕焼け。シーレの心象を写しているようです。

b0226219_1764479.jpg
「接吻」(ヴェルベデーレ宮殿・上宮所蔵)で有名なあのクリムトと同時代を生きたシーレは、対象物を通して心象を力強く描く独自のスタイルで、根強いファンを持っています。ポスターは自画像。写真ではもっとハンサムです。

2部屋に20点ほどの展示品は見応えがありますし、夭逝(28歳)したシーレの絵画を一箇所でこれだけ楽しめる美術館は、他にないと思います。順次展示される所蔵品の中には私がまだ知らない作品が沢山あるようです。
また、帰りにミュージアムショップで気に入った絵はがきやグッズを選ぶのも楽しみです。

今回はコースに入っていたので、ヴェルヴェデーレ宮でもシーレの絵画を現地ガイドつきで堪能しました。

1都市に3連泊以上の余裕があれば、自由行動の出来る時間に異国をひとり旅しているような、スリリングな時間を過ごすこともできます。

ウィーンに行ったら必ず訪ねたい「エゴン・シーレ」の美術館です。
# by hanatabi-haruko | 2011-05-14 17:18 |