花・旅・人

karyonin.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「強い白鵬」 ー  判官びいき?(2015.01.26 MON.)

b0226219_16173813.jpg

↑ 珍しく快晴無風の駅前交差点で。そうなんですよ。秋田市内に限っては積雪はこんなものです。

判官贔屓(ほうがんびいき)=「弱い立場に置かれている者に対して、 敢えて冷静に理非曲直を正そうとしないで、同情を寄せてしまう」心理現象を指す。
と、ウキペディアにはあります。

b0226219_1618615.jpg

↑ 千秋公園土橋付近。堀は一面凍り付いて

2015年大相撲正月場所千秋楽は、強い強い横綱「白鵬」が大鵬が打ち立てた32場所優勝の記録を、全勝優勝をもって更新し賞賛を浴びました。
すごいことです。モンゴル生まれの30歳。これからだって大相撲の記録は更新されてゆくことでしょう。

決して熱心な相撲ファンとは言えない私ですが、2007年第69代横綱になってから一人横綱を張って頑張ってきた白鵬のファンでした。
体験したことを自身の言葉で話す。周囲の人たちへ配慮し感謝を忘れない。
相撲界のこと祖国モンゴルのことを考えている‥‥などなど。
私が白鵬ファンになった理由は、それだけではありません。

大横綱がいずれは部屋を持ち、名親方になる。当然のことのように思えますが、外国籍の力士は認めても、外国籍の親方は認めないのが角界の決まりとか。
日本国籍を持っていない白鵬には、当然の事ながら「高〜いハードル」なのです。

b0226219_16223154.jpg


白鵬には日本国籍を持たない(持てない?)理由があります。
祖国にはモンゴル相撲の大横綱であった祖国の英雄である父親が存命していて、今回も大記録樹立に立ち会う為に、桟敷席で観戦している様子がテレビにも映りました。
父親にしてみれば、由緒正しいモンゴル相撲の家系に相撲といえど他国に籍を移すような息子がいてはならないのだと思います。(祖国モンゴルでは、大相撲の力士だった息子が日本国籍を取得したがために、父親が非難されながら亡くなったという酷い前例もあります)

日本を愛していても、日本の相撲界に残って名親方になるかもしれない道が閉ざされている白鵬の悩みは、計り知れません。

日曜日、今場所優勝の表彰式をテレビでみました。
大記録樹立という事で、白鵬がヒーローインタビューに応え挨拶をしました。
大横綱大鵬への真の恩返しは、全勝優勝で記録を更新することであったと言い、
昨年一年間、地方巡業を一日も休まなかったことがファンへの礼儀と思い、
早々と優勝を決めてしまい、優勝争いに水を射してしまったことを詫び、
数字的には大横綱大鵬を越えても、精神的にはまだまだだと謙遜し、
最後に「強い男の後には、賢い女性(女房)がいる。支えられた。」と結びました。
(桟敷席に陣取った両親には触れませんでした‥‥。もしかして彼の気持ちは既に固まっているのかも知れません。)


b0226219_16183573.jpg

↑ 日中太陽の暖かさで解けたところ、影になって解けなかったところが氷上に柵の模様になって面白い。

何時だったか、勝ち続ける白鵬が稀勢の里に負けた時、場内に座布団が飛び万歳三唱まで起こりました。いくら判官贔屓と言えど言語道断 ! 横綱に対する礼に失します。
今、自身が打ち立てた大記録によって、様々な理不尽さに直面している白鵬。
それも「判官贔屓だ」と言われても、悩み多き白鵬を私は応援し続けます。

日本人以上に日本人らしい横綱「白鵬」  よ!日本一!!
by hanatabi-haruko | 2015-01-26 16:31 |

食の都・京都(2015.01.22 THU.)

京都への旅には「美味しいものを食べられる」と言う期待があります。
ふた晩とも、食通のFさんと会食できる予定でしたので楽しみでした。

一夜目は、三条通りのスペイン料理店「エル・ボガバンテ346」さんへ

b0226219_1525239.jpg
まずはカヴァで再会を乾杯!


b0226219_15255899.jpg
手長エビのパエリアも


b0226219_15263014.jpg
鱈の白子の天婦羅も美味しかったけれど


b0226219_15265827.jpg
藁で焼いた真っ黒な食材を見せられたときは、驚きました。


b0226219_152735100.jpg
「安土信長ねぎの藁焼き」を味噌系のソースで戴きました。
ねぎの辛味は全くなく、茎野菜という感じです。


b0226219_1528490.jpg
健啖家のFさん家族につられて、ワインも進みます。


このままで終わるわけもなくもう一軒、日本酒を飲めるお店にはしごしました。

二夜目は、

b0226219_15284883.jpg
夕方、いつもの「イノダコーヒー店」で一服し


b0226219_15291335.jpg
三条通りと烏丸通りの交差点あたりで待ち合わせ、


御所南 にある 日本料理 「さかい」 さんへ。

b0226219_15304760.jpg
テーブルセッティングも京都風?


b0226219_15312073.jpg
寒い冬、お通しは暖かい「九条ねぎの摺り流し」。


b0226219_15314818.jpg
受け皿やスプーンが木製で、


b0226219_15321834.jpg
器も。手に優しい冬らしい気遣いが嬉しいです。


b0226219_15325126.jpg


b0226219_15332884.jpg


b0226219_1534215.jpg
中でも絶品は「丹波牛のロースト」でした。
添えられた菜の花と一緒にわさび醤油で食します。
肉の厚さ、焼き具合も最適。魚好きの私ですが、とても気に入りました。


b0226219_15343899.jpg
日本酒の扱いにも精通されて、冷や燗とも錫の容器に入れられ供されました。


畢竟、酒談議に花が咲き楽しい会話で盛り上がりました。

b0226219_1535733.jpg
〆は「出汁お茶漬け」。


いえいえ、この後も唯一冷たいデザートが。そして「ジンジャーと抹茶の吉野葛湯」で最後の最後まで、身体を冷やして悪酔いしないような心遣いが嬉しかったです。

18日、19日二夜とも、若いシェフに板前さんが頑張っておられました。
京の都で鍛えられ経験を積まれて、益々腕を上げてゆかれることでしょう。楽しみです。
(美味しいお店を探してくれたFさんご一家に、感謝です!!)

20日朝、伊丹空港は天候に恵まれ晴天です。
大阪ー秋田間はプロペラ機。天候に左右されるプロペラ機ですが、低高度で飛行するが故のメリットがあります。
北アルプス上空あたりの眺めです。↓

b0226219_1535388.jpg

私の座席はあいにくプロペラの真横。
カメラを構えている私に、客室乗務員さんが
「後の座席に移られますか?」と気を使ってくれました。
「いえ、この席で撮れる写真を撮りますから」と答え

b0226219_1536689.jpg
撮った写真を見せますと

 
b0226219_15364076.jpg
飛行機を降りるときに、こんなメッセージカードを手渡してくれました。

 
秋田空港が近づくに連れて雲が厚くなってゆきます。
機長はステファン・フロストさん。
大河に浮かぶ木の葉のように、風に煽られ左右に揺れアップダウンする機体を上手にコントロールして、無事着陸できました。ふ~!

楽しい旅になりました。ありがとうございました。
by hanatabi-haruko | 2015-01-22 15:41 |

隠れた名寺・滋賀、京都(2015.01.21 WED.)

遅い正月休みの二日目は、滋賀・湖南市にある「善水寺」にでかけました。

b0226219_1648629.jpg

JR草津線・甲西からタクシーで約15分、人里離れた山の中に寺はありました。

b0226219_16491082.jpg
後に岩山が迫り、


b0226219_16494035.jpg
狭い境内ギリギリに建てられている、


b0226219_16501862.jpg
檜皮葺の本堂そのものが国宝です。


月曜日の午前10時、見学者は誰もいず、この寺の奥さんらしき女性が大急ぎで本堂の扉を開け、見学の準備をしてくれました。

b0226219_1762766.jpg

↑ 厨子に鎮座される薬師如来を中心に、重文の仏像が脇侍を固めます。
内陣で間近に観られるものの撮影禁止なので、ポスター写真を組合わせて配置してみました。
この写真にはありませんが、最前列には十二神将がずらりと並び、国宝のお堂に仏像オールスターズ。圧巻です。
伽藍は鐘楼と本堂だけのようですが、ボリュームがあり見応え満点でした。

午後には京都市内に戻り、欲張って泉涌寺の塔頭見学。

b0226219_1651260.jpg
即成院‥‥山門の上には一羽の鳳凰。その遥か先には、宇治の平等院があるそうです。


この寺もお寺の奥さんが説明をしてくれました。
本堂の別名は「現世極楽浄土」。ご本尊の阿弥陀仏の左右には二十五菩薩(プラス如意輪観音さん)が、楽器や声明で今正に死者を極楽浄土に案内しようとしています。

よ~く観察しますと、そのうちの三菩薩さんが笑っておられます。
そのおひとりは、なんと歯を見せて緊張を解きほぐそうとしているようです。
まるで指揮者阿弥陀仏さんに率いられた極楽管弦楽団 です。
仏像内部は空洞で、実際に堂内で演奏しますと共鳴するようなサウンドだそうで
なんでもこの堂内で、音楽家の坂本龍一さんがプロデュースし、笙に似た古楽器のソロ演奏がされたそうな。音曲で極楽体験、いいですね~!

b0226219_16513730.jpg
戒光寺‥‥こちらは拝観料は無料。内陣で、間近かに高さ5.4mの「釈迦如来立像」を見上げました。


特徴は大きさ、そして極彩色の美しいドレープ。
指には今で言う長~い付け爪。指と指の間には縵網相(水かき状のもの)。
多くの人々を漏らさずに救うためだそうです。

「東福寺」の広大な敷地を通り抜ける帰り道、

b0226219_16521771.jpg
臥雲橋から


b0226219_1653851.jpg
通天橋を望み


b0226219_1656983.jpg
引込まれるように南門から「東福寺」に入って驚きました。


昨日今日見たお寺の数千倍の敷地に、特大の七堂伽藍が聳えたっているのです。
山門はアクロポリスの丘のパルテノン神殿と見まごうばかりです。

b0226219_1702756.jpg


b0226219_1704736.jpg
樹齢何百年経っているのだろう。


b0226219_1722048.jpg
精密に計算された柱も美しい!


b0226219_173236.jpg
入り組んだ屋根、軒にさがる風鐸から


b0226219_1733833.jpg
建造物の総重量を受け止める土台まで、完璧な佇まいです。


大きさは権威を現し、信仰の熱さは長く人々を惹き付ける。
小さな寺では創建の由来をその地で聞き、安置されている仏像を当初の配置のままに体験できた感動が心に残ります。

京都とその近郊の寺を巡る旅。魅力は尽きません。
「これって終活」って? 
いぃえ、私たちは国宝重文をその地に身を置き、あるがままの状態で観賞したいのです。

b0226219_17185768.jpg
Fさんに戴いたこのガイドブック「関西の寺」 を片手に、
次回もまた名寺を訪ねる旅をしてみようかしら。


by hanatabi-haruko | 2015-01-21 17:23 |

雪を抜け出し西へ(2015.01.20 TUE.)

大学センター試験初日の17日、昼過ぎから雪が深々と降り始めました。
しばらくは穏やかだったのに、多くの人間が移動するこんな時期に限ってです。
1月20日は「大寒」ですから雪は当たり前なんでしょうね。

たまたま私たちも、18、19、20日と遅いお正月休みをとって京都に行こうとしていたところでした。
ところが吹雪きで大荒れの天気のため、大阪行きの第一便は欠航。
仕方なく東京経由に変更して大阪へ向かいました。

秋田を飛び立ち無事に雪空から脱出し、東京湾を眼下に見た時はほっとしました。
いや~、北と南、日本海側と太平洋側は天気がこんなにも違うんですね。↓

b0226219_2058544.jpg


今回の旅は、前回京都を訪ねた時のように、小さくても見ごたえメジャー級。隠れた名寺 を訪ねようと決めていました。
伊丹空港からリムジンバスと電車を乗り継いで1時間。初日は奈良県・葛城「當麻寺」へ。

b0226219_20583878.jpg
東塔、西塔揃った三重塔は珍しく、国宝だそうです。が、町中のマンホールのカバーに描かれた東西の塔は、左側に寄っています?


地図を見たらよく分りました。

b0226219_20591153.jpg


天平時代創建時の正面門は地図では下側。門から入ると東西の三重塔がある配置。1400年ほど時が流れ‥‥どんな歴史が織りなされたのでしょうか?
本堂に祀られたご本尊「曼荼羅」に真っすぐ進む仁王門が正門になったようです。

金堂に安置されている国宝の弥勒佛、彌勒佛を四方から守る四天王像は勿論のこと、講堂の仏像も元の正面(地図上の念仏院の方向)を向いて安置されていました。
四天王ファンの私は、しばし濃い系イケメン、ヒゲメン のお顔、体躯に見とれました。(不謹慎かな?)

b0226219_20595167.jpg
もとの正面門を背にして立ちますと、天平時代に建てられた石の燈籠の向こうに金堂の正面が見えます。


b0226219_2102335.jpg
西の塔のすぐ側まで行ってみました。


本堂に祀られた「曼荼羅」を納める大きな厨子、須弥壇も国宝だそうで、真近かでじっくり堪能でき満足しました。

b0226219_2105352.jpg

↑「 極楽浄土よいとこみんなでお出で!」
お目当て、一番興味のあった二十五菩薩来迎像が阿弥陀如来のもと、ガラスショウーケースの中に立体的に配置されていました。
阿弥陀さまの導きを、歌舞音曲で盛りたてるような躍動感がいいですね。(ポストカード)

b0226219_2112374.jpg
境内には「牡丹」が囲いの中で鮮やかな色で咲いて、


b0226219_2114822.jpg
「ロウバイ(蝋梅)」の蕾が膨らみ、


b0226219_2121222.jpg
この時期に珍しい「冬桜」が。


b0226219_2123936.jpg
「ミツマタ」。雪がないと少しづつ花も咲きます。


1000年ほど前に都は京に遷り、僧の数が減り、七堂伽藍は今や経堂、僧坊や食堂もなくなり、訪れる善男善女も少なくなって‥‥奈良の葛城の名寺には静かな時が流れておりました。

それでもこんな田舎に国宝級の伽藍や仏像、曼荼羅などが揃っているなんて凄いことです。
奈良京都の歴史の深さには驚きます。
by hanatabi-haruko | 2015-01-20 21:05 |

もう二十歳になるのね!(2015.01.11 SUN.)

b0226219_13321482.jpg
昨夜から準備して、今朝「赤飯」を炊きました。

暮れからお正月にかけて帰ってきていた孫娘。一旦上京したのですが、成人式に出席するためにとんぼ返りしていたからです。


以前、「成人式」は1月15日と決まっていました。
ですので、休みが取れず帰省できずに‥‥私は成人式には出席することはありませんでした。(自前の振り袖を用意することなど望めず、晴れ着を借りる発想もありませんでした。娘もそのようでした。)

今年の成人式は1月12日。
地元を離れた学生や社会人が学業や勤務に支障がないように、秋田市では1月11日に式典が催されるそうです。

b0226219_13325550.jpg
着飾った上の孫娘が、式場に行く前に立ち寄ってくれました。
中学入学、高校入学も、記念撮影はお酒の陳列棚の前でしたね。
これからは堂々と、おいしいお酒を嗜んでください。 


b0226219_13472638.jpg
下の孫娘には、娘が小さい頃に着た着物を着せてみました。

最近髪型をボブにして‥‥「なんだか座敷童みたいだね!」と、大人たちは大喜びです。


髪飾りは全て上の孫娘の手造りだそうです。
紫色の花、おねえちゃんと同じ。お似合いですよ ! ↓

b0226219_13335248.jpg


「馬子にも衣装」と言うけれど、
成長した孫の晴れ着姿は、いいですね。

それにしても、もう二十歳になるのね!
誕生日はもう少し先だけど、成人(式)おめでとう !
by hanatabi-haruko | 2015-01-11 14:06 | 雑事

アキコさんを「天の戸」さんにご案内して(2015.01.05 MON.)

気象庁の出す週間天気予報では、秋田は大雪に見舞われて酷い事になっているとお思いでしょうが、それほどでもありませんからご安心くださいませ。

日曜日午前8時前、思ったほどの積雪がない高速道路を、横手市平鹿町に向かいました。↓

b0226219_1715218.jpg

特別に案内したい人がいて、造りで忙しい「天の戸」さんに無理をお願いいたしました。すみません!

b0226219_17155532.jpg

丁度蒸し米があがったところ ↑

b0226219_17162856.jpg
高精米から順にクレーンで釜から引き上げられます。

 
b0226219_17165630.jpg
放冷機で適温に冷まされた蒸米に


b0226219_17295065.jpg
麹菌が振りかけられます。


b0226219_1717554.jpg
酛だて作業に参加させてもらう特別ゲスト。(奥の女性)


冷えきった体を暫し麹室で温めさせてもらい

b0226219_17184296.jpg
完成した出麹を見て


b0226219_1732462.jpg

静かな仕込み蔵へ↑

b0226219_17194243.jpg
「プチプチピチピチ」。育ち盛りの酵母の赤ちゃんのオノパトペを聞き、


b0226219_17201318.jpg
芳香漂う泡を見つめ


b0226219_17205295.jpg
森谷杜氏の話に耳を傾けました。


b0226219_17212448.jpg
見学後は、豆腐の酒粕味噌漬けを肴に13年古酒を少しご馳走になり


b0226219_17215936.jpg
杜氏さんがまとめられた「秋田酒屋唄」のレクチャーを受けました。


体も気持ちもほんわか暖まりほぐれたところで、いよいよ特別にご案内した女性の出番です。

b0226219_1723747.jpg
先ほどまで袋掛け作業がされていた槽場に、数人の聞き手が集まり


b0226219_1724583.jpg
主役のアキコさんと杜氏がスタンバイ。


b0226219_17351596.jpg
本来ならば杜氏が本職の「酒屋唄」を、アキコさんが朗々と歌いあげました。


b0226219_1738781.jpg
アキコさんが最も得意とする篠笛で、鳥取の「貝殻節」を。

始めピアニッシモで次第にフォルテ、クライマックスではフォルテッシモに。
槽場の隅々まで、日本の芸能が響き渡りました。


秋田竿燈の歌にこんな一節があります。
♪ ああ ああ ここは秋田
流れ消えゆく笛の音の胸の奥に
笛の音の笛の音の しみてゆく ♪

太鼓の芸術集団に在籍するアキコさんは、小さい頃から竿燈の笛太鼓で鍛えられた秋田っ子。森谷杜氏のごてごての秋田弁も充分理解できる頼もしい現代っ子です。(因みに、私は何回か聞き直し説明を求めました。)

若いアキコさん。
秋田酒の醸される酒蔵に身を置く事で、「酒屋唄」への思いが一層深まり、秋田人としてのアイデンティティーを再確認されたのではないかと思えました。
贅沢な至福のひと時でした。ご案内でき、ご一緒できた事が嬉しいです。

社長さん、杜氏さん、酒蔵のみなさんのお気遣いに感謝いたしております。
ありがとうございました。(1月4日は良い誕生日になりました。) 
by hanatabi-haruko | 2015-01-05 17:41 |

ギリシャ神話「金の羊毛皮」の話(2015.01.03 SAT.)


ギリシャ神話で「羊」と言えば、英雄イアソンがアルゴー船に乗って大冒険の末に手に入れた、コルキスの「金の羊毛皮」の話、「アルゴー探検隊の大冒険」があります。
テッサリアの王(イアソンの叔父)の理不尽な要求に応えるべく、船を仕立て、勇猛果敢な乗組員を募って、黒海東岸のコルキスまで「金の羊毛皮」を奪いに行く主人公イアソンは、ギリシャ神話の英雄の一人に数えられております。

ところで、英雄イアソンのその後の人生がどうなったのか? 興味のあるところです。
神話にでてくる英雄の話は、時代を下るとともに拡大解釈され新たな後日談が付け加えられ創作されて、古代の劇場でギリシャ悲劇として演じられ人気を博したようです。

アルゴー探検隊の大冒険の後日談として有名なのがエウリピデスの「メディア」(イアソンの妻)です。

b0226219_15275290.jpg

真ん中の女性がメディア。↑
背後で金羊毛を広げているのがイアソンです。
コルキスの追っ手を振り切るため、メディアは弟を海に投げ込もうとしている。

古代ギリシャ、松明の灯る円形劇場でギリシャ神話が演じられる様子を想像しますとワクワクいたします。
「メディア」は、オペラ歌手のマリアカラス主演で映画にもなり人気を博しました。
(因みに、演劇の演者も観客も男に限られていたようです。例え古代にタイムスリップできたとしても、女の私は劇場に紛れ込むことが出来ません。残念!!)

王女メディアの悲劇をざっとご紹介しますと
コルキスの王女メディアは親兄弟を裏切りイアソンの手助けをします。無事イアソンのものになった「金の羊毛皮」。
メディアはイアソンと一緒にギリシャ本土に渡り、ふたりの息子を授かります。
やがてイアソンの裏切りにあいます。
イアソンの裏切りとは、お決まりの若い後添えを迎えたことです。
「金の羊毛皮」を手に入れる為に、イアソンに尽くしたメディアです。メディアの怒りは収まりません。
父親イアソンに対する復習は、世継ぎである息子を奪う事でした。


b0226219_15285789.jpg
子どもに手をかけるという究極の復習を選んだメディア。

絵画はいずれも、美術出版社の『西洋絵画の主題物語』から引用させていただきました。


究極の選択をしてしまったメディア。
それでも我が子を殺害するなんて酷い母親?

いえいえ一番悪いのは男でしょう。
母としてはどうかと思うけれど、女としてはメディアに深く同情します。
え!、同情する私こそが怖い女なんですかね~?

神話には、全力投球で生きぬく女性たちが登場いたします。そこが魅力です。
いやぁ~、ギリシャ神話って複雑で奥が深いですね~!

b0226219_1530315.jpg
こちらは「角館北浦の土鈴」。
羊の毛は金色がかった白色です。平和な顔をしていていいですね。



b0226219_15293756.jpg
繭玉で造った羊ととっくりです。岩手県盛岡で見つけました。
干支の未と日本酒、こんな組合わせはいかがでしょう。
やっぱりこれかな?


by hanatabi-haruko | 2015-01-03 15:57 | 雑事

新政干支ボトル  金毛の羊(2015.01.02 FRI.)

              
新政酒造さんから新酒しぼりたてが正月元旦に出荷、二日に発売されました。
今年の絵馬は‥‥干支の「未=羊(ひつじ)」。
ボトルにプリントされた「干支」が気に入って、私、今年も購入いたしました。

b0226219_16245895.jpg
『迷える子羊』なんて表現がありますが、この羊は全く迷ってなんていない。
丸まると太って威風堂々とした大羊の頭です。


b0226219_1625243.jpg
同時に発売された「Tシャツ」。胸のプリントが鮮明です。
風格から察するに黄金の毛皮をもつ「金の羊」なんではないでしょうか?


<星座になった牡羊>
ギリシャ神話の世界。ボイオティア王の双子の兄弟を継母の手から救いだすために、ゼウスが使わした金の羊。
背中に乗せて双子を逃がした後、「金の毛皮」は身元を引き受けてくれた王に献上し、体(内臓と脂肪)は燔祭としてゼウスに捧げられたとか。


b0226219_1628494.jpg
「金の羊」は、夜空に輝いている星座「牡羊座(aries)」になったとの話はご存知と思います。


b0226219_16292243.jpg
これは、昨年「八橋土人形」展示会で私が絵付けに挑戦してみたものです。



b0226219_16295115.jpg
目つきが良くないけれど‥‥金の羊毛、地中海の青、それに角は手に入れる為に流した血の赤に染めてみました。む~、手が震えておっかなびっくりの絵付けでした。


旧約聖書、新約聖書の時代になりますと、羊は神に捧げる犠牲獣、食料として多くの話に出てまいります。有史以来荒野に生きる人々の生活のあらゆる場面に必要とされた、重要な家畜であったことは確かです。毛皮は衣類や敷物として役立つのですから、流浪の民にとっては大切な財産だったのでしょう。

従順な家畜である羊は、乾燥した荒れ地の僅かな草で育ち、自力で長旅を一緒に移動することが可能な大切なタンパク源です。(日本では古代遺跡のゴミ捨て場から羊の骨が出土した話は聞いた事がありませんので、家畜として飼育された歴史は古くはないようです。豊かな水の大地、多神教の地に住む私たち日本人にとっては、ちょっと想像し難いことですね。)

む~! 蔵元さんは大羊の頭にどんな願いを託したのでしょうか?
今年の絵馬、日本酒と未(羊)の絡み、よく分かりませんが‥‥乾杯!
さてさて今年の「新酒しぼりたて干支ボトル・未」のお味は? おぉ〜!
ご興味おありでしたら、お試しあられ!
by hanatabi-haruko | 2015-01-02 16:32 | 雑事

謹賀新年(2015.01.01 THU.)

b0226219_1717725.jpg
未‥‥未だ。未だに。未来。未来がある。

不思議です。否定と肯定、二つを思い浮かべることができる『未ひつじ という漢字。



物ごと、上手く行く事もあり不本意な結果になる事もある。
過去から未来へ、繰返しながら時は途切れることなく繋がっていく‥‥。
どうせなら明るい未来を夢見て、肯定的にゆきましょう!

 新しい年を迎える事ができまして、
    お慶び申しあげます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新年早々、骨休めに温泉に行きました。
大荒れの天候で、車でも遠出は遭難する危険があると思いきや、

b0226219_17174384.jpg
真冬日ながら青空が見えるではありませんか。


たった一日の正月休みは、どうしても温泉に浸かって気分転換をしたいということで、秋田市から小一時間、角館の先の「ゆっぽっぽ」に部屋を借りて、小一日過そうと計画を立てておりました。

b0226219_17183948.jpg
ここは田沢湖の芸術村。
獅子舞あり、


b0226219_17191220.jpg
餅つきあり、お楽しみのイベントがあります。


b0226219_17193993.jpg
つきたてのお餅を御馳走になり、


勿論、ゆったり湯船に浸かっては横になり、おしゃべりしては食べ‥‥。
忙しかった暮れにちょっと減った体重が、すっかり戻って冬バージョンに。
(明日の初売りに備えて体力をつけ充電したと思えば‥‥ま、いいか?)

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。  元旦
by hanatabi-haruko | 2015-01-01 17:24 | 雑事