花・旅・人

karyonin.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ゆく年くる年・日本酒三昧(2014.12.31 WED.)

大晦日から元旦にかけて強風大雪、大荒れの天気との予報が出ています。
一見穏やかな今の空模様も、長くは続かないということでしょう。

b0226219_1248788.jpg

↑ 三丁目橋、四丁目橋をイルミネーションしていた電飾も今日で終了です。
約3ヶ月間、特に12月選挙後の川反通りを盛り上げてくれました。

我が家業も暮れの忙しさがようやく一段落して、今日は店番をしながらでも、ゆっくりブログを書いていられます。

b0226219_12483710.jpg
新年に向けての準備も進み、

 
b0226219_1249387.jpg
Fさんに送って戴いた「のはらうた」のカレンダーも未年に架け替えました。



いや〜、今年は「日本酒三昧」の一年でした。

秋田の酒蔵さん、日本中の酒蔵さんが、且つてないほどお酒の出荷に追われた一年だったのではないでしょうか?
日本酒が以前にも増して飲み易く美味しくなったのは確かですが、マスコミにも随分とりあげられました。
そのため、2、3年ほど前までは、一年間かけてゆっくり出荷していた一年分のお酒が、暮れを待たずに早々と払底(酒蔵で)いたしました。
当然の事ながら、人気商品の入荷量の制限に私どもは戸惑いました。
(酒蔵さんは只今、26BYの新酒仕込みの真っ最中です。暮れから新年にかけて、一年中で最も酒が飲まれるこの時期に、新酒がちらほら出始めました。)

この一年、何年かぶりにやって来た日本酒ブームにわくわくしながら、来店されたお客様と日本酒談議を沢山したことが心に残っています。

米や田んぼの話、酒蔵にまつわる話、蔵元の熱意の話、昨今の酒飲みの好みなどなど。拙い知識ながら飲み手がこの一本を選ぶお手伝いができたのであれば嬉しいことです。

b0226219_12493396.jpg
ドアーの張り紙も「ゆく年くる年・日本酒三昧」から
「今年もよろしく・日本酒三昧」に直しました。


今年は個人的には、『酒屋の女房が見た家業40年』を11回にわたって書いてみました。
友人からは、『酒に情熱を注ぐ秋田の酒関係者の熱意が伝わって来る ! 』 との嬉しい感想をもらいました。

改めて日本酒に向かい合うよい機会になりました。お陰で心を新たに、百一年目のスタートが切れそうな気がいたします。

来年も節度を持って、おおいに日本酒を楽しみましょう。
どうぞよろしくお願いいたします。
by hanatabi-haruko | 2014-12-31 12:53 | 雑事

小ちゃなお気遣いありがとう!(2014.12.27 SAT.)


クリスマスが過ぎ御用納めが終わると、川反通りの人出は少なくなります。

b0226219_19165151.jpg
とは言え、お正月に飲むお酒の仕入れに来てくれるお客様もいらっしゃいます。

 
我が家のお助け人(娘)、今日は学校が休みに入った子連れで来てくれました。

b0226219_19173393.jpg
私たちみんなに「おしごとがんばって!」のメッセージカードを書いてくれたり

 
b0226219_1918638.jpg
一服している間、「愛犬物語」の本の読み聞かせをしてくれる孫娘。

毎晩寝入る前におかあさんからしてもらうことを、今日は私にしてくれます。


大人たちの忙しい様子を、彼女なりに気遣っているのが伝わります。
お気遣いありがとう!

気がつけば今日一日、忙しさにかまけて一歩も外に出ることがなかったかもしれません。
トホホ‥‥。
この一年を反省する時間的余裕もないまま、師走晦日が近づいています。
by hanatabi-haruko | 2014-12-27 19:25 | 雑事

師走の日々(2014.12.22 MON.)

やぁ~、夕べは雪がよく降りました!
内陸部ではこんなものじゃないでしょうが‥‥。

b0226219_116545.jpg

一旦消えたのですが、秋田市内はまた雪景色となりました。

b0226219_1163826.jpg

師走も半ば、忙しい日々を過ごしています。
殊にここ1、2週間は、発送の荷造りに追われています。
実は以前と同じくらいの仕事量なのに、体力知力が衰えた分だけそう感じているのかもしれませんが。

老体に鞭打って仕事に追われる私たちを見るに見かねて、『お助け人』がひとり来てくれるようになりました。

b0226219_1172278.jpg
雪掻きから


b0226219_1175232.jpg
発送の荷造りまで、家業全般なんでも手伝ってもらえるので大助かりです。


気心知れたお助け人 (娘)のお陰で私、気持ちに余裕ができました。
あれもこれもする事が多くて「もう仕事したくない!」とキレなくて済んでいます。ありがたいことです。

ところで昨日日曜日の高校駅伝、テレビ観戦された方もおられると思いますが、
我が秋田勢の健闘には目を見張るものがありました。
男子‥‥4位 (秋田工業高校)
女子‥‥12位 (花輪高校)
いずれも公立高校で、全員秋田っ子。勿論助っ人外人はいません。

雪のない京の都大路を思いっきり駆け抜け、さぞ爽快だったことでしょう。
京都在住の秋田出身者はもとより、秋田贔屓の京都の方々の声援が沿道から選手たちに聞こえるような気がして、心強い気持ちになりました。

当然のことながら今朝の新聞の秋田版には、アンカーの大きな顔写真が掲載されました。男女ともに眼鏡を掛けた勇姿です。
勉強では秋田っ子の頑張りは周知のことと思いますが、スポーツでも成果があらわれてなんとも嬉しい日曜日となりました。

世間ではクリスマス・イブ近し。(我が家は無宗教である夫の意向で、宗教的な行事に積極的には参加しません‥‥)
今週、もうひと頑張りです。
by hanatabi-haruko | 2014-12-22 11:08 | 雑事

雪(2014.12.13 SAT.)

 の朝は静かです。

b0226219_1943519.jpg

車は屋根に雪を乗せのろのろ走り、道を急ぐ人たちの足音は夜中に積った雪に吸収されて、聞こえないからです。
雪掻きをするスコップの音が少し聞こえるだけです。

 が綺麗だと思う事があります。

b0226219_195073.jpg

夏には葉っぱの衣を纏っていた欅の木が、冬はすっかり丸裸。
雪の引く白い輪郭線は、枝の先の先までその骨格の美しさを際立たせます。

いえいえ、そんな綺麗ごとだけでは済まされるものではないのが「 」です。
秋田内陸部の豪雪地帯の横手湯沢地域は、既に大雪に見舞われました。

その湯沢の酒蔵の営業マンが、年末のご挨拶に見えました。
「これから帰って雪下ろしです。」とのこと。
「え?もう雪下ろしですか?そんなに積りましたか?」と聞きますと、
「今40センチほど積っていますが、これから1メートルは雪が降ると予報が出ています。雪を下ろしておかないと、大変なことになりますから!」と。

酒蔵では今、H26BYの酒造りが急ピッチで進んでおります。
豪雪地帯では酒造りの忙しい中、危険な雪下ろし作業もしなければなりません。

雪深い秋田内陸南部に酒蔵を訪ねることがありますが、県外からの見学者には、呉々も
「わぁ!雪って綺麗ね!と、はしゃがないで下さい。」と、ご注意いたします。
もともと使い道のない雪の処理に、多額な出費をするのはキツいことです。(その上、消費税アップと円安のダブルパンチで灯油代が高騰して、家計を圧迫します)雪が降った降らないに一喜一憂している毎日なのです。

b0226219_1953683.jpg
師走の川反通り、雪は一旦消えましたが、今夜はう〜んと冷えます。


秋田市内では一旦小康状態の雪ですが、天気予報ではこれから一週間ほど、また降り積もりそうです。

b0226219_19633.jpg
こんな夜は、温ったかおでんで身体を温めましょうか?

御馳走さまです。



湯沢横手地域では今日は真冬日、積雪も倍になったとか。
豪雪お見舞申しあげます。
酒蔵さん、ご健闘をお祈りいたしております。
by hanatabi-haruko | 2014-12-13 19:23 | 雑事

酣々塾の望年会(2014.12.07 SUN.)

「酣々塾」。発会当初は美味しいお酒を手に入れ、気のあった友人知人が集まって飲むだけで楽しかったものです。

やがて、あんなことこんなことをしたらもっと楽しいんじゃないかと、次第にエスカレートしていって‥‥「新年会」「酒蔵を巡って酒の会」「花見で酒の会」「花火で酒の会」遠い京の都で「ひやおろしの会」そして一年の〆の「忘年会」‥‥と、20年ほどが経ちました。

ご存知、日本酒に新しい波が押し寄せて、日本酒はすっかり「お洒落な飲み物」になりました。飲み手の年代層もう~んと若くなり、「飲む会」があちらこちらで開かれて、美味しいお酒に巡り会うチャンスは格段に増えております。

一方で、発会当初からのメンバーは高齢化が進み、飲む以前にクリアーしなければならない条件(遠い、寒いは避けたい、足腰に自信がない等々)も出てまいりました。む~、何歳になっても酒を楽しみたい気持ちはあるんですけどね。

いろいろ条件があっても、今年一年を締める「忘年会」だけは皆さん万障繰り合わせて集まり、総勢24名で「酣々塾の望年会」を楽しみました。

今年一年話題になったお酒を中心に、差し入れも含めて1,8ℓが11本勢揃いです

b0226219_919839.jpg


b0226219_919456.jpg
この日の為に、準備は万端。
珍しい県内外のお酒が並びました。


b0226219_920236.jpg
お燗器、チロリ2個も持ち込んで。


b0226219_9205336.jpg
何時ものように挨拶も短めに、
酒宴は自然体で始まりました。


b0226219_9212790.jpg
美味しい料理に最初は冷や酒が進み、時間が経つにつれて常温に変わり、その後は「お燗器」が大活躍です。


一番先に空になったのは、なんとたった一本用意した「お燗酒」でした。
前の晩から積りだした雪の中集まったせいか、40度前後に温めた純米大吟醸酒の人気のあること。
冷やで旨い酒は温燗で更においしく、冬の冷えた身体をほんわかさせてくれました。
う〜ん、幸せな夜でした。

参加者が密かに期待していた、忘年会恒例の「売れ残り酒バーゲンじゃんけん大会」は今年はありませんでした。
何故?って、酒蔵では酒が払底して、畢竟当店にはリーズナブルなお酒も売れ残っていないからです。
いや〜、マスコミが煽ったのか?若者の発信する情報が集中させたのか?<稀少日本酒>人気が加熱した一年でした。(12月もまだ初旬、一体何を商ったらよいのやら‥‥。)

「酣々塾」、そんなこんなで来年からは回数や内容を考えていこうと店主(夫)と知恵を搾っているところです。来年に乞うご期待です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ところで期間限定の川反ベイブリッジ・イルミネーションが、バージョンアップしましたよ。

b0226219_9215618.jpg

11月末から一週間ほど消えていましたが、12月5日からクリスマスまでさらに賑やかになりました。
このイルミネーションに誘われて、選挙前で出足が鈍っている川反通りに、人出が増えるといいですね。
by hanatabi-haruko | 2014-12-07 09:30 | 雑事

とおりすがりに(2014.12.04 THU.)

天気予報とおりに、今週は毎日雪が舞っています。
夜中に少し積っては日中解け‥‥街中はそんな繰返しです。

もう十年以上も、毎年京都のFさんが送ってくださり、店内に掛けて楽しんでいるカレンダー「のはらうた」も、12月最後の一枚になりました。(勝手に彩色しました)
詩は『くどう なおこ と のはらみんな』 さん、
版画は『ほてはま たかし』 さんの名コンビです。↓

b0226219_12593156.jpg

唐突ですが、今年は多くの著名人が亡くなりました。
中でも大人の男を感じた「仁義なき戦い」の菅原文太さん、「網走番外地」の高倉健さんの訃報は、生まれも育ちも昭和、<昭和っ子>の私にはショックな出来事でした。

「山が動いた」の土井たか子さん。
男社会の中での彼女の奮闘は、女性の希望でもありました。

シャンソン歌手のイベット・ジローさん。
気取らない本音の人生を歌い上げるシャンソンの魅力に気付きました。

10年ほど前、ハンガリーの独立記念日に熱い熱い指揮をしていたロリン・マゼールさん。想い出に残るコンサートでした。

身近では、1月に従兄弟が、8月に長兄が旅立ちました。

何方も80歳を越えていました。が、できることならいつまでも、同じ世にいて私を励まして欲しかった。

亡くなった人だけではなく、転勤で秋田を離れた方、再び会える期待のできない一期一会の出会い一つ一つも‥‥なんだか愛おしく懐かしく思えます。

おれ? ちょっと でかけるとこなんだ
どこだか わかんない けど いかなきゃなんない
いつまでか わかんない けど いかなきゃなんない
なにかが おれをゆすって ゆすって おしていく


そう言ってみんな私から離れて、出かけて行ってしまいました。
私の気持ちも知らないで。

こわいゆめみても あんまりなくなよ
いつかまた きっと あうさ


やさしいんですね。心配してくれてありがとう。
そう!いつかまた きっと あうさ
あなたという人を知って、幸せだったとつくづく感じています。

いいなぁ~! 今年最後の「のはらうた」のカレンダー。
by hanatabi-haruko | 2014-12-04 13:01 | 雑事

11月から12月へ(2014.12.01 MON.)

今年も最終月に入ろうという11月30日晦日(日)。既に12月寒波の予報が出ています。お天気は?‥‥幸いにも無風快晴。これ幸いにと、田沢湖方面に出かけました。

b0226219_1403955.jpg
田沢湖高原のスキー場。
頂上付近には積雪の形跡があるものの、スキー場開きにはまだ時間がかかりそうです。


b0226219_141764.jpg
いつもの「アルパ駒草荘」はすっかり雪囲いがされて、冬の準備が完了していました。


b0226219_1413558.jpg
いよいよ訪れる雪の季節。やり残している雪対策に忙しいのか、温泉の休憩室はがらがらです。
ゆっくりお湯につかって畳に寝転ぶと‥‥窓の外に束の間の小春日和の風景が。


b0226219_142772.jpg

↑勿論、小高い丘から遠くに田沢湖がはっきり望めました。

せっかくですから、帰り道は田沢湖を半周してみました。
まだ午後3時前だというのに、陽射しの勢いがありません。
それでも、この季節の太陽は心身によい刺激です。↓

b0226219_1423470.jpg


車のタイヤをスタッドレスに履き替え、薪を蓄え、樹々や家の周りの雪囲いをし、冬の準備は数えきれないほどあります。
あ、それから心の準備も忘れずに!
さしずめ雪に閉ざされる来年の1月、2月には、何か遊ぶ計画を持ち、それを楽しみに日々励むことにいたしましょう。

b0226219_143081.jpg
シャコバサボテンが次々咲いています。


by hanatabi-haruko | 2014-12-01 14:05 | 雑事