花・旅・人

karyonin.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

順調な田植え(2012.05.28 MON.)

土日は天気が穏やかで、絶好の田植え日和でした。
この土日で、県内の田植えも順調に進んだことと思います。

県北にある酒蔵さんが、今年も棚田で無農薬米を栽培するとの情報。
足腰に全く自信がなくなった私は、お手伝いは無理ですが‥‥
文字通りお邪魔をしに伺ってみました。

b0226219_1192310.jpg

大方の棚田の田植えは済んでいて、集合した物好き達(失礼!好奇心おう盛な)の為に、田植えのスペースを用意してくれていました。(裏方さんの準備や気配りに時間がかかったのが解ります。) 

私はといえば、手伝えないけれど関わっていたい。
そんな距離で、のんびり田園風景を楽しませていただきました。
スミマセン!

b0226219_1120545.jpg
空地に、花に舞う蝶を見かけました。



土手に腰を降ろして、鳴き声のする方にカエルを探してみたり。
白神山につづく近くの森に、雉子とカラスの牽制し合う声を聞いたり。
蔵元さんのお話では、昨日は猿が出てきたそうですし、野鼠が蛇に捉えられているところにも遭遇したそうです。野生の生き物達が共存しているエリアなんですね。 

b0226219_11103451.jpg
今が盛りのタニウツギの花は


b0226219_1111114.jpg
所々に、蕾の濃い色が目を引きます。


b0226219_1111345.jpg
話題の「バター餅」も戴きました。
バタクサい名前ですが、農作業の間食、補食にピッタリの、柔らかいお餅でした。御馳走さまでした。


ここは標高40mほどの白神山地の棚田。
五能線を走る列車の汽笛が聞こえます。
水平線が霞んでいる日本海を眺めているうちに、なんだか眠くなってきました。

b0226219_11175727.jpg


農家の方に、「お邪魔しまして、ごめんなさい。」
半日でしたが、「ゆっくりさせて戴きました。ありがとうございました。」
by hanatabi-haruko | 2012-05-28 11:26 | 雑事

花を求めての散歩は楽しい(2012.05.26 STA.)

爽やかな風に乗って、何処から流れてくるのでしょうか。
花の香りがします。
↓ ショッキングピンクに近い色、ツツジの甘い香りが漂います。

b0226219_2027576.jpg

この時期、多く見られるのは、「クレマチス」。
語源はギリシャ語でクレマ=「蔓(つる)」とのことです。
花弁と見間違う萼。改良が進んで萼の数も、花の色も様々です。
日本では、「鉄線」「風車」などとも呼ばれて、お茶花としても愛されているようです。

b0226219_19553663.jpg
クレマチス


b0226219_1956437.jpg
クレマチス


b0226219_20384623.jpg
アヤメ


b0226219_1957619.jpg
ちょっとコミカルなチャイブ


b0226219_1957399.jpg
小さく清楚なわすれな草


b0226219_19581654.jpg
地味ながら空地を彩るハルジオン


b0226219_19585858.jpg
センダイハギ


b0226219_19594398.jpg
グミの花。赤い実は、子どものころの「おやつ」でもありました。



足どりも軽く、散歩が楽しい季節です。
by hanatabi-haruko | 2012-05-26 20:02 |

青葉若葉の季節(2012.05.22 TUE.)


青葉若葉の季節です。

b0226219_10363194.jpg

木漏れ日が涼しげです。
木漏れ日といえば、昨日の「部分日蝕」。
太陽をそのまま撮影するなど、私のデジタルカメラではとうてい無理。

そこで何十年前の「部分日蝕」の時、子ども達と見つけたこの不思議を
思い出し、「木漏れ日」を狙っていました。

b0226219_1037448.jpg
楓の重なる葉の隙間からこぼれる光が、見事に三日月の形です。



日中の気温は25℃前後。すっかり初夏の陽気です。

b0226219_10373668.jpg
立てば「しゃくやく」座れば「ぼたん」
どちらかな?


b0226219_1038787.jpg
オダマキもこの色が好みです。


b0226219_10393486.jpg
遅咲きの八重桜もすっかり散ってしまい、たんぽぽも綿毛を今まさに送り出そうとしています。



全国新酒鑑評会の結果が聞こえてきました。
普段飲みのお酒が美味しければ‥‥と思いながらも、気になる酒蔵の気になる杜氏さん達の努力が評価されたとなると、やっぱり嬉しいです。

沢山の「おめでとう」が届いているとはおもいますが、陰ながら
「 お・め・で・と・う ! 」 を申しあげます。
by hanatabi-haruko | 2012-05-22 10:42 | 雑事

酒呑み友達(2012.05.21 MON.)


千秋公園の藤棚が見事です。↓ 
b0226219_10151287.jpg

b0226219_10153111.jpg
散歩道に桑の木をみつけました。
秋には赤紫に色着き、鳥たちの食料になります。
この木も、何十年も前に鳥が落としていった種だったのでしょうね。



b0226219_1016465.jpg
シャガ。


b0226219_1016367.jpg
大きな大きなエンレイ草。葉は17センチも。ここまでになるのに何十年かかったことでしょう。
山に入った知人が、切り花を持ち帰ってくれました。



酒店という家業、労働時間は長いし、商品知識もちょっとは必要だし‥‥、決して気楽ではありませんが、日々の糧を得られ40年近くも続けてこられました。

何故か?‥‥いろんな方たちと出会え、人の輪が広がっていくのが楽しいから。
これは間違いありません。

当然のことながら、『お酒』が媒体です。
お酒が好きで、他人の話を面白く聞ける人。一緒に飲んで楽しい人。
この条件が満たされれば、即、飲み友達になれます。
社会的地位や経済程度などは無関係。
男女差、年齢差も気にしない。
そんな気楽な関係が魅力です。

店頭での「酒談議」も楽しいのですが、飲んでこそ。
いろいろな「飲む会」に、店主はよく出かけます。
飲むのも仕事。夫の「大義名分」です。

今回は日曜日だったので、私も参加できました。
いつもの小料理屋さんで、夕方6時開始。
b0226219_10171659.jpg

今夜は20人のお仲間がお集まりです。
美味しい肴があってこそのお酒。
女将さんが腕を振るってくれます。

b0226219_10174555.jpg


造り手の個性で醸される異なる酒米のお酒。その違いなどを楽しみながら
話題はつきません。たっぷり3時間半。
今夜もいいお酒でした。
by hanatabi-haruko | 2012-05-21 10:27 |

溢れる花々(2012.05.17 THU.)

町中はつつじ、ライラック、ナナカマドなどの花の香りで溢れています。
ズオウ、花水木、藤に加えて、石楠花、山帽子の花も見かけました。

b0226219_20361668.jpg
秋には街路樹の銀杏が黄色に葉を染めるこの通り。
春はつつじで何kmにもわたって華やぎ、芳香が風に乗って流れます。


b0226219_20364597.jpg
見事なオオデマリ。


b0226219_20371279.jpg
すずらん。


b0226219_20373886.jpg
小判草。


b0226219_20391078.jpg
目の覚めるような鮮やかな朱色のつつじ。
他にも白、ピンク、橙、黄、赤紫、薄紫などなど、
色彩的に豊かなのは断然つつじですね。



そして田沢湖と高原に咲く花を思い出して、未だに日曜日の余韻に浸っています。

b0226219_20394672.jpg
小粒で可愛い色のコヨウラク。


b0226219_20402047.jpg
文字通り鶴が羽を広げて、愛の舞いを舞っているような
マイズルソウ。


b0226219_2041638.jpg
水芭蕉に混じって咲いていたリュウキンカ。


のどかな春の山と ↓
b0226219_2041406.jpg

田沢湖の紺青色が、目に焼き付いています。↓
b0226219_2042149.jpg


今年は何度も繰り返し、春を心にとどめました。

それにしても、寒くてストーブをつけたり、暑くて窓を開け放ったり‥‥
いったい今は春先なの?初夏なの?
by hanatabi-haruko | 2012-05-17 20:46 |

乳頭温泉に行ってきました(2012.05.13 SUN.)

唐突ですが「大義名分」の4文字熟語、私、嫌いじゃありません。
最近はまっている「漢字ナンクロ」にもよく出てきます。

秋田の温泉に友人を案内しました。
ご一緒したのは、夫の友達の、奥さんです。
忙しい土曜日に、夫の友人の‥という「大義名分」お墨付きがあれば出かけやすいというものです。ルンルン!

Y子さんとご一緒はこれが2度目、何となく波長も合い、もうすっかり友人です。
今回は田沢湖高原の奥の「乳頭温泉」へ。一泊です。

b0226219_20503192.jpg
桜の花散る坂道を通って。


翌日曜日は朝から青空です。
b0226219_20514541.jpg


b0226219_20525151.jpg
雪解け水は勢いがよく、ようやく芽吹きです。


b0226219_10115823.jpg
水芭蕉も今がさかり。


b0226219_20541169.jpg
人気の秘湯温泉のはしごをして


田沢湖へ向かいます。

b0226219_2055567.jpg
御座の石から湖を眺めると、どきっとするような紺青です。


b0226219_20553974.jpg
桜もまだ残っています。


このあたりは、なにか不思議なパワーがあるのでしょうか、
杉の大木や幾種類もの樹木が一箇所に生える「七種木」(なないろぎ)があります。

b0226219_20561498.jpg
立派な山吹の花も咲いています。
まるで胡蝶蘭のようです。


b0226219_1118988.jpg
つくし摘みをし、


わらび摘みもできて、友人も満足してくれました。
何処を案内したら喜んでくれるのかちょっと迷いましたが、私も一緒にもう一度、春を満喫いたしました。
by hanatabi-haruko | 2012-05-13 21:09 |

ひねくれカレンダー(2012.05.09 WED.)

今年の日めくりカレンダー用に、ひねくれカレンダーを買い求め、めくり続けて4ヶ月。

b0226219_2148891.jpg

日付は入っていません。
制作者が考えた「ヒント」を読み、自分で判断するという面倒な趣向です。
あまりのこじつけに時々「いいかげんにしてよ!」とイライラすることもありますが、今日のヒントはじっくり丁寧に読みました。

日本国憲法 第九条第二章ですから、今日は九日です。

社会的に話題になっている問題にコメントしようとすると、何かとややこしいことになり、畢竟、意見は表明しない。
仕事に触るというのが多くですが、そんな時にこんな記事が新聞に載っていました。

b0226219_21483522.jpg

若いころのジュリー、カッコ良くてあこがれでした。
4年前には、憲法九条を守りたいという願いから
「我が窮状」という歌をアルバムの9曲目に入れたそうです。
ちょっと太めになったけれど、やっぱりジュリーはかっこいいなあ!

b0226219_214985.jpg
最近あまり見なくなったシロツメ草。


b0226219_21493658.jpg
いよいよツツジで町中が華やいできました。


by hanatabi-haruko | 2012-05-09 21:51 | 雑事

福島の春は?(2012.05.08 TUE.)

大型連休を利用して毎年の様に立ち寄ってくださる方が、今年も何人か来てくださいました。
未だに放射線量が高い、福島市内で暮らすFさんご夫妻も来てくださいました。

  ライラックが満開です。あたりによい香りを放っています。 ↓
b0226219_10194082.jpg

もう何年ものお付合い。
Fさんと向き合う時、真っすぐな気持ちになれる。
素直な真面目な青年(何歳かな?)です。

福島市のその後の状況、生活など、被災者である彼らに聞いてはいけないのじゃないか?なんて憶測することもなく、この時とばかり根掘り葉掘り聞いてしまいます。

本音をさらりと語ってくれるF夫妻。
小一時間のおしゃべりの中で

保証金を貰ったので、久しぶりにちょっとしたものを買った。
何か贅沢したみたいで、このまま買い物ぐせがつくんじゃないか?
 

そんなことをポツンと言われました。

貴方なら大丈夫!そんな時もあるんじゃなぁい?長~いスパンで考えれば、どこかでバランスとれてるんじゃなぁい? 

解ったようなことを言ってしまったけれど、真面目に心配するFさんが気の毒になりました。

話によれば、極僅かな人とは思うけれど、貰った保証金でパチンコ三昧、アルコール三昧の被災者もいるそうな。
秋田に避難されているある方は、旅行を楽しまれて(?)いるとか。

保証金よりも、元通りの安全な暮らしを彼らは望んでいるということを、忘れてはなりません。
原発事故以前の、緑豊かな「日本の故郷」を代表するような福島の映像を見る度に、お金には代えられない「失った故郷」を取り戻したいんだろうなあと知らされます。

あれだけ「除染」と言っていたのに、近頃聞くことがあまりない。
聞くところによると、「除染」をしても半月後には元に戻っているとか。
20年30年後に帰れる可能性を信じて、山や林や土を切り倒し削り取ったりしないほうが良い。と、言う科学者もいるようです。

   珍しいキランソウを見かけました(シソ科)
b0226219_10203685.jpg

Fさん夫妻はふたりで肩を寄せ合って、よほどのことがない限り、福島市で生活を続けてゆかれるようです。

こちらも珍しい、日本タンポポです。総苞片が反り返っていません。創立120年の小学校の土手で見つけました。
b0226219_1021235.jpg


Fさん、来てくれてありがとう!
いろんな話を聞かせてくれてありがとう!
又、かならず来てくださいね。
by hanatabi-haruko | 2012-05-08 10:38 |

山笑う(2012.05.06 SUN.)

5月の大型連休が終わりました。
と同時に桜の花もほぼ散り、町中の植物は既に初夏の装いです。
ハナミズキ、ウラジロヨウラクを見ましたし、オダマキも咲いていました。

行楽シーズン、人様が地方に繰り出す時には休めない。
因果な家業と諦めて働き通し、G.Wの最終日、観光客の少なくなったのを見計らって、湯沢の奥の小安温泉に浸かってきました。

秋田県の内陸部は、今冬雪が多かった地域です。
もしかしたらまだ桜に会えるかもしれません。

b0226219_20595288.jpg
予想通り、この地域は今桜が満開です。
大木の桜が、小さな村の神社を覆っています。

 
山笑う。つい先日まで枯山だったのが、一転して大小様々な芽吹き色で点描されていました。↓

b0226219_210223.jpg

萌木色、柔らかい肌色、桜の薄いピンク色。
どの色も生命力あふれる若々しい色です。
心を穏やかにしてくれる、この時期の山はいいですね。

小安峡谷。
↓ 雪解けの豊かな水量が、川の水と滝の勢いを強めています。

b0226219_2105737.jpg


今年もYさんが孟宗竹の筍を送って下さいました。

b0226219_212282.jpg
また一年経ったと実感する、季節暦です。
残念なことに、今年は鉢植えの山椒がまだ芽吹いていません。


さっそく灰汁抜きして、たっぷりのだし汁で煮てみましょう。
その後は勿論、筍ご飯です。
う〜む、楽しみです。
by hanatabi-haruko | 2012-05-06 21:05 |

花、花、花(2012.05.02 WED.)

秋田市千秋公園のお花見会も終わりました。
露天店や人で賑わった公園入り口明徳館前は、人もまばら。
祭りの後の静けさです。 ↓

b0226219_21163241.jpg

連日の夏日、その上強風で、潔く散ってしまったソメイヨシノに替わって、今は春の花々が、一斉に咲き競っているようです。

b0226219_21171152.jpg
八重桜のボリュームのある花房が、風にユサユサ揺れています。


b0226219_21174040.jpg
八重やまぶき


b0226219_21182724.jpg
ドウダンツツジ


b0226219_21192540.jpg
椿の白花


b0226219_21195841.jpg
同じくピンク


b0226219_21203328.jpg
早々とズオーも咲いています


ユキヤナギ ↓

b0226219_21211622.jpg

シバザクラ ↓

b0226219_2122560.jpg


散歩中、探して数えたら切りがないほどです。
贅沢な春爛漫。
急かされているようですが、楽しんでいます。
by hanatabi-haruko | 2012-05-02 21:25 |