花・旅・人

karyonin.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

日本酒のおいしい季節です!(2017.09.20 WED.)


ここ3、4年、フレッシュ&ジューシータイプの日本酒の人気が高まっています。そのほかにも、白麹や黒麹で仕込んだ酒、 10%以下の低アルコール酒、責め取りだけを集めた酒、限りなくスパークリングワインに近い酒、貴醸酒、オーク樽などに貯蔵した酒等も盛んに醸造されるようになり、老若男女を問わず新しい日本酒を飲んでみたいというファンが育っていると感じます。
若い蔵元さんたちが先駆けて起こしたブームは、それ以降の酒質を牽引してきたと思います。

人気蔵の人気のお酒は発売する量を上回る注文数で品薄が恒常的、しかも一回こっきりの入荷が当たり前のようになりました。
私たち酒販店は、売れるから売りたい、けれど酒が充分入荷してこない。仕方のないことと承知はしておりますが、歯がゆさを感じております。
畢竟早々と終売してしまいますので、用意した冷蔵陳列棚は空のこともしばしばです。
今や「この酒はこの酒販店に扱わせたい」と酒蔵(蔵元)が主導し、酒販店が選別され酒を配分される時代になったのかもしれません。厳し~い!
中には「デパートに置くような酒は扱わない」(=デパートに置くのなら取引を止める?)という強気の酒専門店もあると聞きました。勿論大消費地の力の強い大型酒販店の話ですが。
扱う酒が多彩で顧客が多く、販売数量が多い。専門店化をさらに深化させ集客し、それを背景に強気で酒蔵(蔵元)と交渉できる。
日本酒ファンがそんな酒販店に押し寄せて益々儲かる。そんな構図が顕著になってゆく?

飲み手は、酒についての情報は酒蔵(蔵元)の催すイベント会場で、蔵元から直接入手することが多いようです。
現に、「先行試飲したけれど」と、私どもより早く情報を得て「何時入荷するの?」と聞いてくるので、返答に困ります。
そして「入荷しました!」と情報発信する酒販店に朝から並んで、お目当の酒を入手する。
人気の酒を飲んだ感想は、飲み手が自慢げに(失礼!)ネットにあげさらに拡散していきます。
そのサイクルがだんだんスピードアップしてきていて、情けないことですが私など目が回りそうです。ふ~

様々な酒の情報が縦横無尽に飛び交う中、酒販店はアンテナを張って酒蔵からの出荷情報をいち早く飲み手に発信し、飲み手を引きつける‥‥忙しくなりました。
当然のことながら、飲み手の関心が集まる希少酒の品揃えができれば、酒販店は何とか存続していける。人気の酒を一本でも多く入荷することができるか否かで、酒販店存続が決まるといっても過言ではないかもしれません‥‥大変な時代です。

b0226219_15595110.jpg

戴いたり、使おうと思って買ってはみたものの、使う機会もなく溜まっていくばかりの盃。思切って断捨離!
捨てるのは惜しいし、貰ってくれる危篤な人はいないかしら?
  
だからと言って、私どもは人気だけで酒を選んで「是非とも扱いたい」と思っている訳ではありません。
蔵元のビジョンがこちらに伝わってくる酒、丁寧なお酒造りを積み重ねている酒蔵に、心が動きますし魅力を感じます。
蔵の顔の見える酒‥‥酒質はもちろんですが、蔵元の個性が表現された瓶やラベルメッセージも興味があります。
実際に飲んでみて「美味しい!」と思える酒に出会えることが一番の力になります。(美味い!と感じるかどうかは売り手の独断と偏見で決まることで、申し訳ないとは思いますが。)
そうして選んだ酒を自信を持ってお客様にお勧めすることが、私どもの責任であると考えています。
さらには、お勧めして「あの酒よかったヨ!」と言ってもらえれば、酒屋冥利につきるというものです。簡単なことではありまりません。時に喧々諤々‥‥たま~に文殊の知恵‥‥あれこれ迷いながら商う昨今です。

この先、日本酒はどう進化してゆくのだろうか?
造り手を始め、飲み手、売り手(酒販店)、もちろん醸造に関わる研究家も、酒に関わる多くの人たちが「酒・新時代」の到来を実感し、時代に遅れまいと注意を払い、研鑽を重ねている。これからも何かありそうな予感がいたします。

何はともあれ日本酒がおいしい季節です。 日本酒の未来に 乾杯!!
 


# by hanatabi-haruko | 2017-09-20 07:00 | 雑事

祭りだ祭りだー!(2017.09.16 SAT)


今日の秋田市はイベントが目白押しです。
夕方から千秋公園では花火大会が、夜は川反通りでサンバカーニバルが催されました。

b0226219_21210872.jpg7時過ぎからの本番前に、サンバグループの美女たちが寄ってくれました。

 
b0226219_21210467.jpgカーニバルは今年でもう5回目、顔見知りのメンバーもいます。
それぞれお気に入りのお酒を選んでくれました。

 
b0226219_21210050.jpg間違えないように発送を承るので精一杯です。
みなさんごめんなさい。ありがとうございました。

 
b0226219_21211201.jpg


b0226219_21211764.jpg

b0226219_21212382.jpg

 
b0226219_21212765.jpg
 
千秋花火の終わった後に、川反通りに観客がどっと繰り出し、人があふれました。
サンバカーニバルが終わった後の川反通りには、涼しすぎる風が吹き抜けて‥‥もうすっかり秋ですねー。

# by hanatabi-haruko | 2017-09-16 21:33 | 雑事

実りの秋に(2017.09.06 WED.)


気温25℃以上の秋晴れの日が続いています。

b0226219_09140518.jpg夏の終わり秋風が吹き始める頃、疲れからか脱力感が襲います。
そんな時は夏バテの常備薬にしている「紫蘇ジュース」を飲みます。

今年はレシピを少し変えて、紫蘇の葉たっぷり水を加えず酢と少々の蜂蜜で穏やかな飲み物になりました。 
ひんやりした「紫蘇ジュース」が弛緩した体を通過しながら無理なく吸収されてゆくようで、身体が少しづつ蘇っていくのが分かります。う~、効く~!

 

旭川を手漕ぎのボートが下って行きます。毎年の催しですが、川面を吹き抜ける風が気持ちよさそうです。↓

b0226219_09140041.jpg

b0226219_09275328.jpg骨董市のテントの中に吊るされていた酒蔵の印半纏。


少しシミのようなものが見受けられましたが、まだ洗濯した様子もなく着丈も充分ある半纏です。
糊がきいていて新品に見えました。

「どんな経緯があってここにあるのだろう?」「誰が買い求めてゆくのだろうか?」「それとも売れ残って、そのまましまわれてしまうのかしら?」‥‥。放って置かれず「いつか何かの役に立つかもしれない‥‥」と漠然と考えながら、購入し持ち帰ることに決めたのでした。
 


今年創業100周年を迎える酒蔵さんから、お祝いの会へのお誘いをいただきました。
百年の歴史に加え、新たな一歩を刻まれる晴れの日には盛大な行事「 9・9 天の戸 百年祭 」を催されるとのことです。
「 9・9 天の戸 百年祭 」には当店からは社長(夫)が、翌日の稲見会には社員(娘)がお邪魔する予定です。

酒蔵見学で天の戸さんを訪ねるようになってからもう何十年も経ちました。
この間、色々お世話になりました。
一度訪ねたら、また行きたくなってしまう、そんなファンの多いお蔵です。
「お誘いがなくても押しかけたい」と思うファンは沢山おられることと思います。私もその一人です。
ですが、折しも秋田市内では「ねんりんピック」が開催され街中の人口が増えそうです。休業するわけにもいかず私は留守番です。
そこで、昨年増田町の骨董市で見つけた酒蔵さん所縁のこの印半纏を、僭越ながら送らせていただきました。
というか‥‥、この機会に本来あるべき場所に戻されるのがいいかな? と思ってのことです。
ホッとしています。

b0226219_09135053.jpg<酒蔵の半径5キロ(内)の酒米つくり>=テロワールが、お蔵の自慢するところでもあります。
お蔵で人気の「亀の尾」のお酒は、この芒が立派な稲穂=酒米から醸されるのですネ。



天の戸(浅舞酒造)さん、創業100周年おめでとうございます!!
実りの秋におめでたい「 9・9 天の戸 百年祭 」、ご盛会をお祈りしております。




# by hanatabi-haruko | 2017-09-06 09:30 | 雑事

秋風が立つ寒風山(2017.09.04 MON.)


秋らしさを求めて、近場の男鹿半島寒風山まで車で出かけてみました。(運転はいつも通り夫です)

b0226219_09165841.jpg
↑ 途中秋田港に近づきますと‥‥お〜、大型客船が寄港しているではありませんか!

b0226219_09171176.jpg
「ダイヤモンドプリンセス号」と書かれています。大勢の乗船客が降りてきて、バスに乗り換え(二階建てバスもありました)秋田市中心部方向に移動してゆきます。外国からお出でのお客さんもおられるようです。

9月に入って、ねんりんピックやら、千秋花火やら、川反通りのサンバカーニバルやら、行事や催し物が次々にありますが、まさかこんな大型船までが秋田港に接岸しているとは!今週、来週あたりまで忙しくなりそうです。
そうであればこそ、気分転換骨休めを今のうちにしておきましょう。

b0226219_09171509.jpg
↑ 寒風山へ登って行く途中の棚田、黄金色に色づくまでもう少し秋の日差しが必要なようです。

b0226219_09172712.jpg
↑ 寒風山展望台までの坂道を、秋の花を探しながら歩いて往復してみました。

b0226219_09175894.jpg萩が今盛りです。

 
b0226219_09182210.jpg釣鐘人参

 
b0226219_09175477.jpg

b0226219_09180589.jpg↑ 河原撫子に

← フジバカマかな?




↓女郎花(おみなえし)も素敵です。

 
b0226219_16072380.jpg

ススキも入れて、秋の七草を五つ寒風山に見つけることができました。
そのほかにもはっきり名前のわからない花たちが、強風に身を潜めていました。

b0226219_10134717.jpg

b0226219_10135384.jpg


b0226219_10132170.jpg

b0226219_10133285.jpg
 

b0226219_10114427.jpg

b0226219_09174903.jpg


b0226219_09182748.jpg
ススキの穂が出揃った寒風山は文字通り「寒風」の丘、秋の風が寒いくらいでした。
アレヨアレヨという間に、秋が深まってゆくのです。

# by hanatabi-haruko | 2017-09-04 09:43 |

秋の気配が‥‥(2017.08.28 MON.)


秋田県に大雨が降って洪水による被害がでてしまったのが、一月ほど前でした。

b0226219_13065935.jpg旭川も増水してハラハラいたしました。

その後順調に水が引き、川底が見える旭川にダイサギが訪れました。

 

b0226219_13065563.jpg
一ヶ月後24日の夜中に再び大雨が降り、またまた冠水した田んぼがあるそうで、本当にお気の毒です。

8月26日の「大曲 花火大会」直前でしたので、雄物川河川敷に用意さた花火用の設備が完全に冠水し、一時開催が危ぶまれました。が、開催当日朝6時に決行するとの判断が発表され、皆ホットいたしました。


b0226219_13065065.jpg秋田舞妓さんたちもお誘いを受けたとか? お酒を選んでゆかれました。
ご酒をいただきながらの花火見物はさぞかし楽しかろうと思います。


 

花火大会が無事終わった日曜日も快晴、秋田駅周辺は人出で賑わっていました。
大会関係者の一昼夜をかけての復旧作業、何事もなかったように花火を打ち上げられた花火業者のご努力に、拍手を送りたい気持ちです。

b0226219_13064603.jpg

↑ その夕方のクレッセントは、格別でした!
多分、余裕を持って心穏やかに眺めることができたからでしょう。


8月の大きな行事が終わって、気がつけば風が涼しくなっておりました。
昨夜の最低気温は20℃を切ったようで、夜中に上掛けをかけ直してしまいました。(あれは夢の中だったかな?)
もう秋ですね~



# by hanatabi-haruko | 2017-08-28 13:12 | 雑事