花・旅・人

karyonin.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 05月 16日 ( 1 )

東京で楽しめること楽しめないこと(2017.05.16 TUE.)


最近、東京で連休をゆっくり楽しむことが困難になったと、つくづく感じます。
14、15日の連休を利用して久しぶりに東京に出かけましたが。

b0226219_16301645.jpg
↑ 上野の東京都美術館のブリューゲル、ヒエロニムス・ボス‥‥混んでなかったらの楽観論は、息子からの情報で早々と打ち砕かれました。

b0226219_16302300.jpg
↑ 月曜日なら入場者が少ないかもしれないから、国立新美術館の草間弥生、ミュッシャーにも行ってみようかしら‥‥

b0226219_16302956.jpg「入場券を買うのに約30分、入場するのに約30分は掛かります」係員の少なめに見積もった説明で挫折。


どちらも思惑は外れて、今回観ることを諦めました。

b0226219_16293602.jpgそんなこともあろうと、「熊谷守一美術館」は一つ決めていました。


b0226219_16294925.jpg豊島区千早、大通りからは外れた路地に立つ小さな美術館で、訪れる人もあまりいません。


b0226219_16295866.jpg小さな前庭の「山法師」が花を咲かせていました。ほっ!


b0226219_16295372.jpg


外国からの観光客は益々増え、日曜日だけでなく月曜の銀座にもあふれています。
高度経済成長を支えてきた働き手(都民)がリタイアした後、生きがいを求めて美術館に殺到しています。
空港、公園、美術館、デパートのラウンジ、どこに行っても予想通りの人の波です。

そこまでして上京したのは、読売交響楽団のコンサートチケットが取れたからでもありました。(終演後のコンサートホール) ↓
b0226219_16364920.jpg
2000人は入るであろう席は日曜日の昼ということもありほぼ満席。
オンドレイ・レナルト指揮に寄る「ベートーヴェンの英雄」。大編成のオーケストラの迫力を満喫いたしました。
手頃な入場料で本格的なクラシックコンサートを楽しめるのは‥‥やはり東京ならではかもしれません。ここでも文化を楽しむリタイア世代が目立ちました。

b0226219_16303799.jpg覗いてみたかった
「itoya」では、紙製品の進歩にびっくり!紙製品の新分野!!
目新しい文房具に興味をそそられ、9階から一階づつ降りながら


b0226219_16304138.jpgあれこれ買い求めました。
これこそ東京の利点でしょうか。


b0226219_16304602.jpg
三越の9階でハーブティーで一休み、いえ二休みして


b0226219_16305156.jpg
混雑する歩道を銀ブラする。私たちも間違いなく混雑の一因でありました。


家(職場)を遠く離れ、気分転換はできましたが、目的が叶えられる算段が確保されてこそ、東京は楽しいところ。そんなことを実感した連休でした。




by hanatabi-haruko | 2017-05-16 16:42 |