花・旅・人

karyonin.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

「陽乃鳥」といえば「火の鳥」?(2017.05.08 MON.)


わたくし、「漫画」を見ることが読書には入らなかった時代に育った人間です。
例え有史以来の歴史や宇宙観を描く純文学と言えそうな大作であったとしても、漫画は漫画。(新聞の一コマ漫画の鋭い社会風刺に凄い!っと唸ったことはありましたが)
ですから、手塚治虫の「火の鳥」や白土三平の「カムイ伝」など、読み応えのある長編「漫画」を知り夢中になったのは、大人になってからでした。

物語の主人公は次々に倒れ、でも誰かが世代を超え意思を受け継いでゆく。
火の鳥を捉え永遠の命を手に入れようとしても‥‥「火の鳥」も自らの身体を炎に投じなければ、新しい命として再生できない。
希望に溢れたハッピーエンド‥‥、読者の期待するような明るい結末は用意されていない漫画なのです。
生きるため希望を見出そうとする人間の(辛く)壮大な歴史漫画に衝撃を受けたものでした。

作者である偉大な漫画家手塚治虫が亡くなったのは、まだ描きたかったことがたくさんあったであろう60歳、壮年期でした。
彼が追求し続けた命題は、人類が地球上に存在する限り、 これからもエンドレスな命題であり続けるでしょう。

空前の大反響の中で今、よみがえる手塚治虫のライフワーク! 永遠の生命とは何かーー古代から超未来へと、時間を超えた壮大なテーマで展開する大河ドラマ! 
古本屋で目にした「火の鳥」別冊全5巻を迷わず購入したのは、もう新作はあり得ないと改めて気づいた20年ほど前のことでした。

b0226219_13215361.jpg「火の鳥」

 b0226219_13220250.jpg月刊「マンガ少年」別冊5巻。

 
b0226219_13220529.jpg1‥‥黎明編

 b0226219_13220871.jpg2‥‥未来編


b0226219_13221159.jpg3‥‥ヤマト編

 
b0226219_13221332.jpg4‥‥鳳凰編


b0226219_13221710.jpg5‥‥復活編


5月6日GW後半に、新政酒造さんの企画で秋田市内のナイトクラブで「System7」の本格的なライブがありました。
当然お酒も用意されましたが、あくまでも音楽が主。想像するに、蔵元さん、お酒は好きな音楽でスィングしながら楽しむもの‥のようです。

b0226219_13222259.jpg
なんでも、新政酒造の蔵元さん、ミュージシャン「System7」さん、お二方ともに手塚治虫のマンガ「火の鳥」に影響を受けたそうです。 今回のコラボ実現に繋がったのは「火の鳥」の引き合わせと感じておられるようです。新聞記事で知りました。
そうなんですね。新政酒造さんの貴醸酒「陽乃鳥」は、四神の朱雀というよりも手塚治虫の「火の鳥」のイメージだったのですね。

明けて7日、新政酒造さんの<旧感恩講西籾蔵>内で、日本酒とミュージックのコラボイベント<System 7 Hinotori Sake Infusion>が催されました。こちらはお蔵とお酒が主役です。

b0226219_13223017.jpg
人気のお蔵です。造りの期間にはお忙しそうで、蔵見学がままなりませんでした。
同じ川反通りで「酒」を生業とする私どもにとって良い機会ですので、イベントを覗かせていただきました。


b0226219_14262805.jpg蔵元さんのご挨拶です。


b0226219_13223594.jpg「System7」のサウンドで、酒母(醸造中の「陽乃鳥」特別編)のよい醗酵を促す

b0226219_13224238.jpg「System7」と「新政」との

b0226219_13224776.jpg共同醸造酒が産声を上げたのです。


b0226219_13225192.jpgイギリスと日本、「火の鳥」のファンが国境を越えてコラボする。
おぉ~、火の鳥が真ん中に現れました!


b0226219_13224577.jpg演奏が終わり、酒母タンクを覗かれています。
順調に醸造が進み、上槽されるのを楽しみに待ちましょう。


b0226219_13223349.jpg
ビュッフェスタイルであれこれ魅力的なお酒も振る舞われ、新緑の宵のひと時を‥‥
気がつけば、初体験のサイケデリックテクノの大音響の中、身体を揺らしておりました。
ふ~


by hanatabi-haruko | 2017-05-08 14:41 | 雑事