花・旅・人

karyonin.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

秋田は大雨でしたが(2017.07.25 TUE.)


先週末から雨雲の塊は秋田沖から東に移動しつつ停滞し、秋田、岩手は大雨に見舞われました。
家裏が一級河川「旭川」である我が家は、最近の雨の降りかたにはその都度胆を冷やしております。
今回もあと数十センチで河川敷に水が上がりそうでした。ハラハラ‥‥

河川敷の植木鉢を片付けたり雨が入り込まないように家の入り口に土嚢を積んだり、一通りの準備をしました。幸いにも川の水位はそれ以上は上がらず、順調に下がりつつあります。

被害の全容はまだ把握しきれていないようですが、秋田県内陸から秋田港に流れ込む「雄物川」沿で田畑や家屋への浸水被害が目立ったようです。お見舞い申し上ます。
相変わらずの曇り空のもと、復旧作業はまだこれから。梅雨明けが待たれます。

そんな心配事を抱えていた23日(日曜日)24日(月曜日)連休に、のっ引きならない用事があって北に向かいました。
北に行くほどに雲が切れてゆき、午後の弘前の街は青空が見えて

b0226219_14182890.jpg
↑ こんな素敵な夕暮れの「いわき山」を眺めることができました。

b0226219_14183393.jpg
↑ 翌朝の「いわき山」。雲がたなびいていますが、雲に隠れていない御山は久しぶりです。

ドライブの途中、青々とした田んぼが広がっていました。
b0226219_14183867.jpg

お山に降った雪が伏流水となってやがて田畑を潤し、美味しい井戸水となってこの地を潤している。
「いわき山」は雄大なロケーションを演出しております。

b0226219_14184354.jpg話によりますと、ここ一週間ほどの間にひ弱に見えた苗がみるみる分蘖して、驚くほど立派になったそうです。


 
田んぼの畦を歩きますと、小さなカエルたちがポチャポチャと水の中に逃げ込みます。
カエルを追いながら稲の根元に目をこらしますと

b0226219_14184705.jpg芹が生えています。

 

b0226219_14185496.jpgおや? 特徴のある尖った葉っぱです。もしかして‥‥

 
b0226219_14185997.jpgおお!「おもだか」の花が咲いているではありませんか!

 
おもだかの花といえば青森県青森市出身の棟方志功さん。
「わだば日本のゴッホになる」と言った有名な版画家の記念館を青森市に訪ねた時、記念館前庭の池に棟方志功さん縁りの水草「おもだか」が植えられてありました。
幼い頃から視力の弱かった少年が、転んだからこそ水辺に見つけた小さな「おもだか」の花。ふるさとの小川に咲く、わずか1センチほどの真っ白な小さな花が大好きだったそうです。
私も出会えて嬉しいです。

大雨にハラハラしながらでしたが、良い旅でした。



# by hanatabi-haruko | 2017-07-25 14:48 |

ショッキングな出来事 (2017.7.24 MON.)


突然パソコンMacBook Proがフリーズしてしまいました。
入院していたパソコンが今日戻ってきましたが、全ての個人的データーは失われていました。
何がショックって、撮り溜めていた貴重な写真がなくなってしまったことです。

既にブログアップした写真は諦めようもありますが、ブログで紹介する予定のなかった個人的な写真、例えば孫たちの成人式出席前の晴れ姿。例えば居酒屋探訪家のOさんと天の戸の杜氏Mさんが当店で偶然鉢合わせの集合写真。そして、数々の花の写真‥‥ハ〜!返す返すも残念です。

別保存の手当てをせずに放っておいた私自身の責任です。

心機一転、写真の整理保存を真剣に考えているところです。
# by hanatabi-haruko | 2017-07-24 20:47 | 雑事 | Comments(0)

既に真夏日!(2017.07.10 MON.)

九州地方の大雨、ため池決壊、土石流、その後の猛暑などなど‥‥
昨年来の自然災害に心よりお見舞い申し上げます。

b0226219_16263907.jpgb0226219_16264758.jpg

スズメが餌をねだって玄関先を訪れるようになりました。
  

b0226219_16264900.jpg

秋田県の湯沢のさくらんぼ(サトニシキ)のお裾分けや

 
b0226219_16265298.jpg

山形のさくらんぼ(紅秀峰)を頂戴して美味しく頂いたり、


梅雨の季節を静かに過ごしておりましたが、予兆もないまま突然真夏がやってきました。
昨日は32℃、今日はすでに昨日を上回る気温真夏日です。

朝顔のツルがぐんぐん伸びてきましたし、あまりの暑さに梅雨明けの宣言を待たずに「簾」をかけることにしました。

b0226219_16265699.jpg

「簾」をかけた終わった翌朝には、待っていたようにツルがベランダの柵に巻き付いていました。

 
b0226219_16265948.jpg
簾に朝顔‥‥強い日差しを遮る設えができましたので、座布団やクッションのカバーも夏用に替えました。そして耐えられず、クーラーも扇風機も起動させました。

海の日を一週間後に控え、すっかり真夏気分のこの頃です。





# by hanatabi-haruko | 2017-07-10 16:36 | 雑事

どっぷり梅雨の中(2017.07.02 MON.)

 

7月に入って、秋田はどっぷり梅雨の中にいるようです。
今日は町全体が、肌に感ずるか感じないか気が付かないほどの、細かい雨つぶの中です。高層マンション、そう遠くない景色ですが霞んで見えます。

b0226219_06575885.jpg
これから約一週間はこんな調子で推移するようなので、覚悟はしています。
農作業には大切な雨の季節なのですから。

我が家の半径10メートル以内だけでも、季節の花「紫陽花」が元気です。

b0226219_16121580.jpg
b0226219_16121883.jpg
b0226219_16122369.jpg
b0226219_16122644.jpg
b0226219_16123849.jpg
b0226219_16124296.jpg

b0226219_06580237.jpg
 
我が家の鉢植えのガク紫陽花も咲きかけていますし、苗を購入した「朝顔」も、ちらほら咲き始めました。

活動的な夏の到来を前にして、梅雨の季節をしっとりと過ごせればいいなあ〜。




# by hanatabi-haruko | 2017-07-02 16:22 |

盛岡散策(2017.06.21 WED.)


連休二日目は、秋田新幹線こまちで盛岡に行きました。
友人が、夕方の東北新幹線で青森に向かうまで盛岡の町を散策です。
まずは腹ごしらえ、盛岡名物といえば「冷麺」。

b0226219_16524029.jpg友人は半盛り冷麺、半盛りビビンバのセットを注文、
写真は、私が注文したちょい辛の半盛り冷麺、これで十分でした。(食べられなくなりました)

 
中津川沿いに赤レンガの旧岩手銀行の角を曲がりますと、今もある旧職人町とでも言うのでしょうか、盛岡の旧市街地。昔のままのレトロな建物がそのまま残っています。

b0226219_16523789.jpg南部鉄器の釜定工房さんの暖簾をくぐり

 
b0226219_16523478.jpgあれこれ品定めをして、友人は風鈴を

 
b0226219_16515534.jpg私は鍋敷きを求めました。


同じ通りの左側にはここも古いござ九・森九商店さんがあります。

b0226219_16523009.jpg

しばらくは休業していましたが、若いご夫婦が竹細工やござ、たわしなどを並べて商っていました。

b0226219_16522721.jpgたわしで作ったこんな動物もいました。


更に通りを進みますと、南部せんべいの白沢せんべい店さん。

b0226219_16515122.jpgごま煎餅、ピーナッツ煎餅に加えて、
ひまわりの種、かぼちゃの種、ココアなどバージョンが増えていました。


上の橋の通り、旧井弥商店の黒色の外壁の土蔵入り口に「ロシアビスケットあります」の張り紙が。
盛岡正食普及会が商品を並べてこじんまりと商っていました。

b0226219_16514653.jpg「よく噛む習慣が薄れている子供さんにいいですよ」と店員さん。
もとより硬いもの好き(?)の私です。ロシアビスケットを購入。
(添加物なしで実際に噛むほどに美味しくなる堅焼きのビスケットでした)


材木町にある光原社にも行ってみました。
宮沢賢治の「注文の多い料理店」が発行されたことで人気のあるエリアです。
歩くほどにどんどん荷物が増えてゆきますので、所々で休憩が必要です。
重い荷物を置いて、ティータイム。

b0226219_16591978.jpg
その後、北上川沿いの遊歩道の薔薇の花の良い香りを楽しみ、

b0226219_16513742.jpg
遠くに見える山が岩手山です。

b0226219_16513492.jpg

b0226219_16513177.jpg

開運橋を渡って盛岡駅へ。


b0226219_16520262.jpg今回の旅、花を愛で、温泉に浸かり、上げ膳据え膳で、よくおしゃべりしました。


蟹場温泉では露天と内湯に



b0226219_16515900.jpg
国民休暇村では乳頭温泉の湯と田沢湖温泉の湯に浸かりました。
友人はこの他にも、大釜温泉で足湯に浸かっていました。


む〜極楽極楽!
早くも一年後の再会を約束して、友人とお別れしました。


# by hanatabi-haruko | 2017-06-21 17:16 |